「聞く姿勢」で好感を生む♪

聞く技術を身につけよう♪

自分も喋らなければ、相手も喋らない。

ということは、人の話を聞く習慣がない人です。

たとえ、こちらが話し下手でも、相手は話したがっているかもしれません。

そういう時は、相手の話をじっくり聞いてあげた方がいいでしょう。

話をするのも聞くのも習慣みたいなものです。

ですから、意識的にそうするしか身に付ける方法はありません。

男性でも結構話し好きの人が多いものです。

お互いに喋ることでストレスを解消しているのです。

なので、男性との会話とくに真剣に聞いてあげましょう。

もちろん内容のない会話もあります。

日常のディテールに関するものも確かに多いものです。

女性同士の会話の内容で多いものがあります。

それは悩みを聞いてもらうケースが多いのではないでしょうか。

悩みを聞く名人がいます。

彼女に秘訣を聞いてみました。

「話を聞く時間は一時間ぐらい時々うなずきます」。

「【そうなの】」。

「こう相づちをすると話し終えた後は、すっきりした顔になります」。

「たまりたまっていたものを吐いたので気持ちいいのでしょうね」。

たったこれだけのことでいいのだそうです。

もちろん話したくない人達もいるでしょう。

逆に悩みを打ち明ける人のように話したい人もいます。

話したい人にはとことん話させましょう。

人は嫌な相手には話しません。

あなたが誰かに話を聞かれたら、その誰かはあなたに好意を持っています。

人は嫌な相手には話す気にもなれないのです。

相手があなたを信頼しているから、あなたに話すのです。

そう思って間違いありません。

聞かされ名人はこうも言いました。

「話をする人には二つのタイプがいるんです」。

「一つは、うなずくだけでいい相手。そういう人の悩みは、軽めのもの」。

「話すだけで満足するタイプなんです」。

「もう一つのタイプは、こちらの意見を言わないとダメなタイプ」。

「悩みが深くヒントが欲しいんですよ」。

「相手に話させているうちに、どちらのタイプがわかるものなんです」。

相手の話の内容によって、聞く側も態度を変えなければいけません。

話す技術ばかりが注目されています。

ですが、こうなると聞く技術も必要ではないでしょうか。

話す相手は話したいことがあるから話します。

聞く方はまったく興味のない内容だとその時間は苦痛になります。

だからといって、無言になったり不機嫌になるのは大人のマナーではNGです。

チャットレディのお仕事では会話が大切です。

マナー違反にならないように、なるべく多くの情報を取得しましょう。

どんな内容の会話にも「相づち」を打てる聞き上手になりましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!