「しぐさ」で美人は作られる♪

「自然体」の雰囲気で美人になれる♪

髪をさわるしぐさは、場合によってはマナー違反になります。

目上の人の前や、食事中に髪をさわるなど人によっては不快感を覚えます。

このマナー違反と思えるしぐさも男女間では違った印象になることがあります。

ふとしたときに、髪に手を触れると、美しい人に見えます。

昔、西洋では、髪に不思議な力があり、異性を誘惑する性の象徴。

とされてたそうです。

西欧化著しい現代において、髪は貴重な「恋愛の小道具」だと思ってください。

笑顔と一緒で、髪を触るときに大切なのが、「タイミング」です。

髪を触るのは、必ず「困ったとき」にしましょう。

もちろん、本当に困っているわけではありません。

「困った風」に見せればいいということです。

略して「困ったときの神だのみ」。

髪が落ちてきて、とっさに髪を直した感じ。

相手と会って緊張してしまい、無意識で髪に一瞬さわる感じ。

風が吹いてきたので、乱れた髪を直す感じ...。

こういった風情を出すことがコツです。

髪をおもむろに直したり、いじったりすると、意図的でいやらしく見えます。

髪を結ぶ、結んだものをほどく、髪をすく。

などは、鏡の前で一人無心になり、自分の世界に入っています。

なので、美しく見えないのです。

つまり、能動的に髪に触れるのではなく「あっ、髪が乱れて困るな..」

というのは、仕方ないことです。

「受動的」だから「あり」なのです。

もちろん、ビジネスマナーでは、人前で髪に触れるのはNGです。

面接でもしてはいけないしぐさとして必ず指摘されます。

髪を意識するのは、注意が自分に向いているからです。

だからこそ、オフタイムに恋愛を進めるには、髪をうまく使うべきといえます。

美人は髪に触れるしぐさで上手に色気をつくっているのです。

私たちは無意識に視線を向け、心を動かされています。

心を動かされたその瞬間、私たちはその人を「美しい」と感じています。

もちろんそのような人々の中には、生まれつき美貌に恵まれている人もいます。

しかし、それだけなら、あるときをピークに、美しさは消えてしまいます。

よく魅力的な人のことを「あの人は何か【雰囲気】があるよね」。

と表現することはありませんか?

実は、美しさを決定づけるのは、その人の持つ「雰囲気」です。

言い換えれば、美しく見える「雰囲気」。

それを身につければ、誰でも「美人」に見えるということです。

顔やからだのもともとの造形をどうにかする。

それは、誰でもできることではありません。

けれども、自分なりに磨くことは、誰にでも可能です。

いろいろな美しさの「角度」があるということを覚えておきましょう。

どのような角度であれ、美人に見える人は、そのときどきの自分の考えや年齢。

その場にふさわしい「しぐさ」。

それらを心得ているからこそ、いつも活き活きとして美しいのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!