「弱み」を知れば「強く」なる♪


「一人反省会」を開催してみる♪

日々の生活の中で、後悔や反省することが多々あると思います。
なぜもっと相手を理解できなかったのか。
なぜもっと相手の気持ちに集中できなかったのか。

しかし、それをいつまでも引きずるのも問題です。
どうしてもくよくよ考えてしまい、夜も眠れない。
これでは、身体によいことはありません。

そして、世の中でいろいろな人と接することはできなくなります。
失敗は反省会で分析して、次のステップで生かせばいいだけのことです
しっかりとミスを「受け止めた」あとは、「前へ進もう!」の精神を持ち続けていきましょう
EVE2010I9A7121_TP_V

反省会には大きく2つの種類があると思います。
自分の責任としてとらえる反省
他人の責任としてとらえる反省

どんなに理不尽なことがあったとしても、「自分の責任」を見つけ出す。
それができれば、人として成長できるのではないでしょうか。

何があっても、自分のどこか原因があるのではないかと、自分を振り返れる人でありたいものです。
もちろん、「自分は正しい」と、自分のしたことに自信を持つことも大切です

自信は、自分の強みだけでなく、弱みも十分にわかっている人にこそ宿るものだと思います。
弱さと向き合うことは、苦しいことではなく、むしろメリットになります
スポーツやダイエット、勉強でも、限界や弱みを知っている。

そのほうが、目的の途中で挫折しそうになってしまったときに起動修正がしやすくなります。
そうか。だからうまくいかないんだ!」と、気づけるからです。
もちろん、そうなる前に、対策を考えてから取り込むことも可能です。

弱さを知ると、ダイエットにも成功する♪

ダイエットに何度もチャレンジして失敗をくり返し、諦める女性も少なくないでしょう。
「ダイエット=我慢」という印象が強いせいかもしれません。

もし、自分の弱みが「忍耐力にある」。
と思ったなら、その「忍耐」のレベルをしっかり理解することが必要です
昨今は、逆に食べて痩せるが主流になってきています。

忍耐が必要がないのならできると思うことは落とし穴でもあります。
何事にも、ある程度の「忍耐」が必要なのです。
FCFS_ichigonoprin_TP_V

「この程度なら続けられる」といった弱みの部分が邪魔してしまいます。
自分の限度を知らずに続けていたなら、優れたダイエット情報も役に立たなくなります。

弱みを発見することは、自分のペースで目的を達成できる魔法のようなものです
弱みにこそヒントが隠されていると言っても過言ではありません

うまくいったとしても、「一人反省会」をしてみましょう。
そのときには気づかなかったことに気づける場合があります。
いったん時間をおいてから、自分を振り返ることで、一つひとつ経験が身についていきます

saya1601042444112_TP_V

終わったからもういい」というのでは、せっかくの経験がもったいないことです。
チャットレディのお仕事帰りにでも、なるべく、一人反省会の習慣づけることをおすすします♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム