「伝える」+「見せる」=魅力♪


目でどれほど語っていますか?

「眼施」という難しい言葉があります。
これは「目で施す」、つまり「優しいまなざしで、相手の心を癒す」という意味です。
話しているとき、目線は言葉よりも聞き手の心に入り込み、自分の思いを伝えます

口でどんなに良いことを言っていても、心でそう思っていない。
その思いは、聞き手に違和感を伝えてしまいます。
人と話をするとき、あなたの表情をどのくらい使い分けていますか?

相手に好意を示す...「あなたともっと仲良くなりたい」と目で伝える。
相手の話に興味を示す...「話の続きはどうなるの?」と興味を目で伝える。
相手の話を受け入れる...「その気持ちわかります」と共感を目で伝える。

鏡を見て練習しましょう。
あなたの目の表情は生き生きしていますか?
目の表情が豊かな女優さんをお手本にするのもいいでしょう。

後は恥ずかしがらずに、誰かと話しをするときにチャレンジしてみてください。
相手の反応がこれまでと違うことに気づくはずです。
PA151026033997-thumb-815xauto-19769

振る舞いは「見せる」ためのもの

目の表情はもちろんのことですが、目に表情があっても振る舞いがいただけない...。
これでは、せっかくの魅力も半減してしまいます。

たとえば、アナウンサーは振る舞いにおいても常に「見せる」を意識しています
食レポの場合、「どう食べれば美味しそうに、かつ美しく見えるか」を考えます。
口の開け方、表情、すべて計算した上で「美味しい!」というコメントを乗せます。

会話の上の振る舞いも、「見せる」ための振る舞いでありたいものです。
それには日々、自分の姿を客観的にチェックすることです

あなたは自分の食べる姿を知っていますか?
まずは目の前に鏡を置いて食事をしてみてください。
SAYA151005108415_TP_V

口がボソボソ小さく動かしていませんか?
指をきちんと揃えていますか?

口から食べ物に近づいていませんか?
猫背ではありませんか?
自分の食べる姿を知り、意識するだけでもトレーニングになります

街を歩くときは、ショーウインドーで歩く姿勢をチェックしましょう。
日本の女性は膝下だけを使ってペタペタと歩いたり、背筋が曲がっていることが多いもの。
どんな時にも美しい女性を目指し、振る舞いを客観視する「自分」をもちましょう

理想の「美」は一日では完成しません。
日々、自分と向き合い続けることで輝きを増していくのです

初心者のチャットレディさんは全てにおいて「自信」というものに不安がつきものです。
自分のチャームポイントをどのようにアピール出きるかが成功のポイントです。

そのためにも、「内面、外見」を客観視してみる時間を作ってみてください。
どうしてもわからない、という方は気軽にスタッフに相談してくださいね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム