聞く「姿勢」できている?


苦痛を除去してこそマナーある会話♪

会話の基本として聞き上手であるべきというのがあたり前になっています。
もちろん、その聞き上手には様々なスタイルがあります。
話す相手が話しやすいと思わせる「聞く姿勢」も知っておきましょう。

まずは話しにくいと思われる姿勢を知りましょう。
足の置き場所」「腕の置き場所」「座り方」....。
自然にだらしなくなる人も多いと思います。

こういう行動は、あなたが相手を拒絶しているように感じさせてしまうものです
「そんなつもりはないです...」と思うなら、誤解されないように改善しましょう。
%e8%8a%b1%ef%bc%86%e5%a5%b3%e6%80%a7

今の時間をつまらなく思っているように誤解させてはいけません。
会話する気がないさめた人のように思われては損です。

「自分からアプローチするのは恥ずかしい...」。
そんなふうに思う人がいるかもしれません。
しかしこれでは楽しく会話することはできません。

これはもったいない勘違いです。
相手に好感を持っていることを示すという意味ではありません。
一緒の空間にいる人が、お互いに気分よくいるマナーのためです。

あなたと親しくなりたいと思っているんです。よろしくお願いします」。
こんなふうな姿勢で示すだけで、その場の空気はかなり良くなるものです

もちろんこれは、言葉ではなく、態度で示すことが大切です
そのためにも所作がだらしなくならないことを守りましょう
こうすることで、今からの会話に臨んでください。

チャットレディさんは様々なシチュエーションも必要なこともあるかと思います。
だらしなくならないように、上手に美しい姿勢を保ちましょう
kawamura1029IMGL4385_TP_V4

会話で一番大事なのは、そこにいる人が苦痛を感じないことです
特別な盛り上がりとか、一瞬で意気投合ということは急がなくてもいいのです。
誰でも、苦痛になれば早く席を立ちたくなります。

苦痛を感じなければ、席を立つ理由が減り、また次の機会も望めます
せっかくの機会を自分からつぶしてしまうことはやめたいものです。

チャンスとは、その日その場で、すごく親しくなるという意味ではありません。
そうなることを望んでいる人は多いのですが、これは難しいことです。

人を見るだけで理解するということ。
それは、たくさんの人と関っている人にとってもやさしいことではありません。

知り合ったばかりでわかる情報は、外見の他、その場で出た会話の内容くらいです。
少々長い目で見て、つながりを徐々に強くしていく
それが、信頼関係を作ることになるのです

Photoelly001_TP_V
だから最初は「もう二度と会いたくない」と思われない程度で十分です。
相手があなたと一緒にいる時間に苦痛を感じなければ、まず最初の段階では大成功です
会話の内容がおもしろいかどうかも大切です。
それに加えて心地よさを重要視しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム