「涙」は元気の源♪


「泣けるストーリー」は好きですか?

少し前までは韓流ブームの影響もあってか、「泣ける映画」や「泣ける本」。
こういったフレーズを耳にする機械が多くありました。

たとえば感動昨の映画では、試写会で涙ながらにコメントするお客さんがいます。
その姿がテレビコマーシャルに使われています。

たしかに、あのCMを見ていると「本当に泣ける映画なんだろうな」と思わされます。
このような「泣ける映画、泣ける本」ブームを別の角度から考えてみましょう。
すると、次のような結論が導きされます。
hon2

わたしたちは、お金を払ってまで【涙】を流したがっている」。
わたしたちは無意識のうちに、【泣くこと】を求めている」。

こうして言葉にするまでは、なかなか気づきにくいでしょう。
しかし、これは明らかな事実です

それでは、わたしたちはどうしてお金を払ってまで「泣く」ことを求めているのでしょうか?
普段は「泣いちゃいけない。泣くことはみっともない」。

そう思いながら、どうして映画や文学の世界には涙を求めるのでしょうか?
この点については、みなさん自身がこれまでの自分を振り返ってみれば、わかると思います。

感動のドラマに涙を流すと、心が清らかになる」。
思いっきり泣くと、気持ちがスッキリする」。

泣いたあとには、穏やかで優しい気持ちになれる」。
イライラしていた自分が、消化されたような気分になる」。
ラブストーリーで泣いたあとには、彼のことを愛おしく感じる」。

おそらく、みなさんの誰もがこのような経験と実感を持っているでしょう。
泣いたあとにスッキリする背景には、しっかりした脳科学的な理由があります。

YUKAPAKU3278_TP_V
そして、日常生活の中で泣くことは抵抗感を持っています。
でも、映画や文学といった「ちょっとした非日常」では、涙を求めているのです。

ですから、「泣ける映画.泣ける本」を大いにおススメしたいと思います。
なるべくたくさんの作品に触れて、ひとつでも多くの「泣ける映画」に出会う。
ひとつでも多くの「泣ける本」に涙していただきたいものです。

それは映画や小説だけでなく、テレビやドラマでも、漫画や音楽。
あるいは詩や絵画でも、なんでも構いません。

こうして出会った作品たちは、あらゆるシーンで役に立つと思います
そして、それは大きな宝物になります

161103195104DSCF7143_TP_V
お正月でのんびりしている方は、この機会に話題になっている作品に触れてみてください。
必ず、チャットレディのお仕事にも役に立つと思います。
そして、モヤモヤとした気持ちがあったなら、「泣く」ことで解消してみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム