「キャパの広さ」こそ女磨きの根本♪


「女磨き」だけでは愛されない?

女性として生まれたからにはモテるために「女を磨く」というのが定番です。
確かに、女性は原石で、同時にナマモノです。
自分をないがしろにして、恋や仕事に、ドキドキや情熱がないと、年齢とともに、さびる一方。

でも、外面でも内面でも、「磨く」だけでは、洗練された女性になるだけです
それだけでは「芸術品」になるだけで、実際モテるかというと疑問が生じます。

真面目な女性ほど、「自分を高めなければ、ステキな男性に会えない!」と焦ります。
仕事帰りにも、英会話やカルチャースクール、ジムにエステに...。
「自分磨きプログラム」をガンガン詰め込んで、懸命に磨きたてがちです。

しかし、当然ながら女性はナマモノです。
情熱だったり、温かみ、優しさなどの、「温度」が吹き込まれていない女性...

男性には、「綺麗な人、教養の高い女性」だけにしか映らないかもしれません。
「付きあってみたい女性」には当てはまらない可能性があります

意味のない夜遊びやイベントに顔を出してみる。
条件を挙げ連ねてダメ出しばかりはやめましょう。
それよりも、なぜだか心ひかれる人とデートしたり一緒の時間を過ごしてみてください。
pak86_nomimonoganarabutable_tp_v

自分磨きに没頭しすぎずないことです。
自分磨きは大事なことです。

でも、一見ムダっぽい活動、心のキャパや価値観や感受性のひだを増やす。
それが、愛されるべき女性には必要だと思います。
ムダと思われるイベントにも、どんどん参加してキャパを広げていきましょう

モテる女性は、男好き!?

いつも切れ目なく彼がいるうえに、常時、男性を受け入れしまう女性の共通点はなんでしょう?
これは単純に「男性にモテることに素直で、肯定的」ということです。

モテるとは、クセのようなものです。
一度、その呼吸や極意を知り、男性にモテたり大事に扱われる。
すると、「だいたいの男性=私に優しいもの」と脳や細胞にインプットされます。

なので、男性全般に妙な垣根をもちません。
すましていても、どこか「男なつっこい」雰囲気が出ているのです。
そのため、男性がいつも寄ってきます。

ますます男性に慣れる→男心のツボや自分への関心度を察知します
「経験の少ない私は?」というかたは、まずは男性の集まる場所に、積極的に身をおく。

男性という生き物に慣れ、男性を好きになることからはじめてみてください。
男性慣れではなく「男なつっこい」雰囲気をつくることを心がけましょう

TSU875_chu_TP_V
チャットレディさんもプライベートで様々な交流を試みてはいかがでしょうか。
「男なつっこい」女性もステキですが「人なつっこい」女性は誰からも愛されるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム