「声」のコントロールを身に付ける♪


頭の中に「音量つまみ」をイメージする♪

会話するとき、自分の声のトーンはなかなか自覚しずらいものです。
そこで、とくに大切な場で話をするとき。
自分の頭の中に音量つまみ」をイメージするようにしてください。

テレビやステレオについている、音量のボリュームを調整する、あのつまみです。
大事な場面などで自分の意見をはっきりと主張するときには、ちょっとだけ右側にひねる。
こうすることで、自然と自信に満ちた印象を与えられるようになります。

逆に、目上の人に叱られているときは、つまみを少しだけ左側にひねる。
相手の怒りを静めるため、ちょっとボリュームを落とすのです。
そして最後の「ありがとうございました」を口にする前に、またボリュームを上げましょう

私たちの言動は、このようなちょっとしたイメージだけで、コントロールすることができます。
たとえば、緊張すると声がうわずってしまうという人。
そんな人は、自分の身体全体を目盛り付きのバーに見立ててください。

カラオケの機械に、音のトーンを調整するキーコントロールのバーがあります。
それをイメージするのです。

バーの目盛りを下げるのと同じ要領で、おへその下あたりから声を出すイメージをする。
うわずった声は、これだけで出なくなるはずです。

興奮すると早口になってしまうのなら、スローモーションの映像をイメージする。
あるいは、砂時計のようにゆっくり時間の流れるものをイメージする。
声をコントロールするためのイメージ方法は、いくらでもあるはずです。

実際、歌を歌うとき、私たちの多くは声のトーンにあわせて眉を上げ下げしています。
歌手の中には、歌いながら手を上下させることでキーコントロールされる方もいるほどです。

声のボリュームやトーンがコントロールできないと、人にどのような印象を与えるでしょう?
悪い例が、酔っ払いです。
お酒に酔っ払った人は、みな大声になります。

お酒のせいで、声のボリュームやトーンに対するコントロール機能が働かなくなります。
こうした人たちは、だらしないし、見ていてもあまり気持ちのいいものではありません。

逆に、もしもあなたが声のボリュームやトーンをうまく使い分けることができる人。
それならば、人に与える印象はグッと向上します

たとえば、テレビの討論会などを観たことがありますか?
みんなが興奮する中、落ち着いたトーンでゆっくり発言する人はどことなく信頼できます。
いかにも大切な話をしているような、理知的な印象を与えるのです

自分が興奮したとき、あなたの「音量つまみ」はギリギリまでボリュームアップされてるはずです。
そしてあなたは、セルフコントロールのできない人だと判断されるでしょう。
頭の中の「音量つまみ」、忘れないようにしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム