「いつも同じ」から卒業しよう♪


いつもの自分を変えてみよう♪

人間は、習慣の生き物といわれていて、変化することを恐れます。
それは結果のわからない不安な場合だけではありません。
あきらかに変えたほうが得であったとしてもです。

しかし「いつも同じ」や「ずっと同じ」をやめてまでチャレンジできる人
それはとても少ないのです

変えたほうが得なのになぜでしょう?
面倒だから?難しそうだから?
もちろんそれもあるけれど、文句を言いつつも、現状に耐えられているからかもしれません。

現状をどうにもならないほど追いつめられた酷い状態だと受け止めていないのかもしれません。
意外と「まあまあこんなものだろう」と心の奥底では順応してしまっていることも考えられます。
baraIMGL5214_TP_V

これが長く停滞したまま、それが充実感を感じにくい原因の一つです。
幸せになりたいと言いながら、幸せにならないのがあたり前。
辛い辛いと言いながら、結局そこから抜け出そうとしていないのです。

まずは大きな変化、重大な決断、決意をする前に、小さな変化に慣れていく
そこから始めましょう

「どうしたら変われるのだろう?」と考える人が多いものです。
実はいつでも自分が思うときに変わりはじめることができます
自分で変化する気になれば、それは誰にでもできることなのです

そして変化することに慣れてしまえば、変化を恐れる理由など何もないことがわかります。
変化する自分をおもしろがることができれば、自分の可能性を信じられるようになります
すると、未来に期待を持てるようになるのです

MIZUHODSC_0298_TP_V4
そして今度は自分の望む未来を意識して、それに近づくという変化を試してみよう
そんな心の余裕も生まれるはずです
出会った二人が、何一つ変わらないまま気持ちのままでいられるのは、ほんの少しです。

自分も相手も少しずつ変化しながら、二人の形を作っていきます。
無理や我慢ではなく、二人が協力して幸せになっていくわけです。

自分の未来、二人の未来を、自分たちの思いどおりに作っていきます。
それは自分の未来に期待して、自分の生きる道を選択していくということです

今ある周りのものを整理して、必要なものを残し、不必要なものを取り除く。
そうしながら、全く別世界に行くことを考えるのではありません。
今の状況をほんの少しずつ変化させていくということです

いきなり人生を考えるというような大きなテーマでは挑戦しにくいでしょう。
道を変えることに躊躇しなくなり、模様替えで必要なものを意識する。
いらないものを捨てられるようになって、自分の気持ちを素直に受け入れる

その気持ちに従えるようになった頃、変化を恐れなくなります
自分が望む未来の第一歩なんだと、未来の自分に期待しながら思えるようになります

C785_ringbuke-thumb-815xauto-14961
部屋の模様替え一つでも変化につながります。
単調な日々だと思っている人は多いものです。
大掛かりな変化はゆっくりと、小さな変化は早急にチャレンジしてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム