正しい「ほめ方」♪


モノではなく「人」をほめる♪

ほめ言葉は、意外なところで使ってこそ効果的です
社長さんに向かって、「社長されてるなんて、すごいですね」。
こう言ったところで、相手はとりたてて嬉しいものではないでしょう。

もしかすると、そうしたほめ言葉にはウンザリしているかもしれません。
それでは、どのようなほめ言葉を使うべきでしょうか?

たとえば、あなたがアクセサリーを新調したとしましょう。
ずっと前からほしかった、高級ブランドのアクセサリーです。

そこで「そのペンダント、素敵ね」とほめられても、まあ普通です。
嬉しいのには間違いありませんが、心を揺さぶられるような言葉ではないと思います

しかし、ここでこのような言葉が返ってきたらどうでしょう?
あら、素敵なペンダントじゃない!そのブラウスにとっても似合ってるわ」。
このようのほめられたらどうでしょう?

アクセサリーだけでなく、着こなしのセンスまでほめられたわけです
なので、嬉しさは倍増するのではないでしょうか?

「高級ブランドのペンダント」という商品ではなく、「わたし」という人間
そのものをほめられたように感じるはずです

モノや肩書きだけを見ずに、その奥に隠された「人間」を見る
相手の長所を探すコツは、ここにあるでしょう

ペンダント
誰かが素敵な靴を履いていても、ただ靴をほめるのではいけません。
「その素敵な靴を選んで、身につけているセンス」こそほめるのです。
実際のところ、ほめられてしかるべきなのは、そちらだと思いませんか?

特に社会経験の豊富な人たち。
そういう人たちは洋服、装飾品など「モノ」をほめられるのには慣れっこになっています。

また、いわゆる美人.美男子の人たちは、今さら容姿をほめられても...となります。
ところが、センスや感性、あるいは品性や優しさ
内面的な部分をほめられると、驚くほど新鮮に感じるものなのです

a3c4a3cb20fd86d22e459f2e2128aea8
何かお世辞やおべっかのコツのように思われる方もいるかもしれません。
しかし、それは違います。

わたしたちは、周囲の人の長所をもっともっと探していくべきなのです
ひとつでも長所が見つかれば、その人のことを好きになることができます
少なくとも、そのきっかけにはなるでしょう

他人の短所ばかり探していては、自分も探される立場になってしまいます。
どんなに欠点のある人でも、それを補うだけの長所を持っているのです。

みなさんもぜひ、嫌いな人や苦手な人こそ、その人だけの長所を探してみてください。
そして見つけることができたら、ちゃんとそれを口にして伝えてあげてください

5女の子
あなたを取り巻く人間関係は、それだけで劇的に好転するでしょう。
チャットレディさんは、この長所をほめるコツを覚えてお仕事に活用してみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム