「ほめ返し」で距離を縮める♪


「ほめる」ことはエチケット♪

人は相手に好印象を持ってもらおうとするとき、よく相手をほめます。
ほめられて気分が悪くなる人はいないでしょう。
よほど的外れでない限り、悪い気はしないものです。

しかしそのほめ方にもうまい、ヘタがあるのです
その違いを知るだけでもずいぶんと相手の印象が違ってくるのです

例えばヘタなほめ方の例としては、誰もが言っていることをほめる。
いわゆる容姿とか服装などの見た目をほめるやり方です。

スタイルがいい人に「あなたって本当に格好がいいね」といいませんか。
服のセンスのいい人に「その洋服、とても似合っていますね」という具合です。
あくまでもその人の外見をほめてしまいます。

おそらくほめられたほうも悪い気持ちはしていないでしょう。
しかし、人はだいたいが外見をほめられる場合が多いものです。
特徴がすぐにわかる相手は同じようなことをいつも言われているでしょう。

そのためそれほど感動されることもありません。
「また言われた」と思うだけです。

kawamurayukaIMGL0435_TP_V
ところがそれが思いもかけないことをほめられたらどうでしょう。
それも自分が密かにそうなりたいと願っていることを言われたらどうでしょう。

チャットレディさんも見た目でほめられることは多々あると思います。
でも、中には見た目よりも、接客に誠意を込めてほめられたいと思う女性もいるはずです
その接客態度がお客様にほめられたなら、お客様にもっと喜んでもらいたいと思うでしょう

また人間関係のルールとして、誰かからほめられた場合。
お礼の意味を込めて、こちらもさり気なくほめ返ししてあげるとさらに距離が縮みます

「今日のネクタイ、とってもいいですね」。
「君のファッションはいつもチャーミングだね」。
このような会話でもいいのです。

kawamurayukaIMGL0433_TP_V
恋人同士なら「そのネックレス君に似合うね」。
「あなたのシャツも爽やかで格好いいわよ」と言ってみればいいのです。
この場合は外見をほめてもかまわないし、内面的なことがわかればそれをほめましょう。

よく「お祝い倍返し」などという言葉を聞きます。
ほめ言葉に関しても返せば返すほど、コミュニケーションもうまくいくようになります

とくにそれほど親しくない、通常のつき合いの人。
そうならば、挨拶代わりのエチケットとして考えてみましょう

C824_shirobaratoribon-thumb-815xauto-15059
外見よりも相手の内面をほめれば効果が倍増するということです
チャットレディさんは、エチケットとしての「ほめる」を心得ておきましょうね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム