「ひと目惚れ」のメカニズム♪


「ひと目惚れ」は過去の経験で決まる?

「彼女をひと目見た瞬間、ビビッときた」。
「僕が探していたのは、この人だと思った」。
映画やドラマではそういうセリフがよく出てきます。

実際に経験したことがある人も多いと思います。
これは、いわゆる「ひと目惚れ」と言われるものです
なぜこのようなことが起こるのか、心理学的なメカニズムがあります。

心理学で有名な実験があります。
犬にエサを与えるとき、いつもベルの音を聞かせる。
すると犬はエサがなくても、ベルの音を聞くだけで唾液を流すようになったのです。

この場合、エサは反応を起こす「無条件刺激」。
唾液はそれに対応する「無条件反応」。
ベルの音は「条件刺激」となります。

本来、何の関連性もない「エサ=唾液」と「ベル」です。
しかし、同時に起こったというだけで、犬はその二つの出来事を結びつけたのです

tdog17030720_TP_V
占いを信じるというのもその一例です。
不運続きだった人が「幸運グッズ」を買ったところ、たまたまいいことが起こった。
すると、二つの出来事を結びつけます

「これを買ったおかげで、いいことが起きた」と思い込んでしまうのです。
ひと目惚れの感情もそれと同じです
つまり、その人の【過去の経験】が影響しているのです

たとえば、初恋の相手、憧れていた先輩や子供のころ、ちょっと気になっていた近所の子。
過去に好きだった相手は、あなたの記憶の中に【好みのパターン=理想の恋人】。
このようなイメージとなって残っています。

ふだんはこのイメージが意識に上がることはありません。
しかし過去に好感を持った相手と似た人と出会うと、潜在意識の中から浮上してきます
「これは運命の出会いかも」という錯覚を生み出します

そして、気がつくと、その相手に対して好意を抱くようになります。
結果、「これって、ひと目惚れ?」となるわけです。

過去に好きだった人が多ければ多いほど、ひと目惚れをするケースが多いといえます
だからこそ、【惚れっぽい人】となるわけです
OOK863_kekkonshiki_TP_V

熱しやすく、冷めやすい人のパターン

ひと目惚れすると、最初は相手の好ましい部分しか見ていません。
そのイメージはどんどん美化され、恋心もつのっていきます。

しかし、ひと目惚れをした相手は、過去の【誰か】とは違う。
相手を知れば知るほど、自分の頭の中で思い描いていた理想の相手とは違う。
そのことに気づいてがっかりしてしまいます。

それに対して、そのときどきで、好きになった相手はみんな違うタイプという人がいます。
こういう人は、どちらかというと、【惚れっぽくない】。
もしくは【熱しにくく、冷めやすい】タイプなのかもしれません。

好みのパターンがないだけに、理想の恋人という枠をつくらずに異性を見ることができます
そのため、相手の長所や短所、魅力などを知った上でその人を好きになります

Photoelly001_TP_V
ひと目惚れや理想のイメージばかりにこだわっている
すると、身近にあるせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません
恋人選びでは、なるべく「食わず嫌い」をなくすようにしたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム