自分の「花」を大切に♪


「花びら色の服」をまとう♪

キレイの近道は、「女性は花」という意識を持つことです。
花の種類は何でもいいのです。
自分の好きな花をイメージしてみましょう。

その花たちは、優しいパステルカラー、ビビッドな赤.黄色。
上品なホワイトなど、色とりどりの美しい花びらをつけています。
最大限に自分をキレイに見せる「花びら」という服をまとっています

あなたも「花ってどんな感じかな?」。
と想像して、花びらのように明るく華やかな色の服を選びましょう
光沢感や透け感のある素材、フリルやレースなど柔らかなものを選ぶのもいいと思います。

特に、下半身よりも、人の目が集まりやすい上半身に気をつかいましょう
メイクも同様です。
ベースに始まり、チーク、ルージュも明るい色を選びましょう

はなびら

明るい色をまとうことで、女性はたちまち美しくなります
暗い色しか身につけない人は、キレイになるのを自らやめているのと同じです。
せっかく女性に生まれてきたのに、非常にもったいないと思いませんか?

女性は「ピンク」で、幸せに可愛くなる♪

明るい色の中でも、特に「ピンク」を身につけると、女性は幸せな気持ちで満たされます
そして、可愛らしくなります

色彩心理学によると、「ピンクは母性をイメージさせる色、慈愛に満ちた色」。
と言われているそうです。

子宮の中で安心して過ごしていた頃を思い出す。
など、ピンクは無意識のうちに心を落ち着かせる効果があるそうです。

ピンクを身につけると脳細胞が活性化され、若返り効果が得られる」。
ピンクを見ると美肌関係ホルモンが増す」。
などの、女性にとって嬉しい実験効果も出ているようです。

ピンクにも、桜色やサーモンピンク、ショッキングピンクなど、様々あります。
ぜひ自分に似合うピンクを見つけてください。

外人女性

今までピンクの洋服を着たことなくて「ちょっと恥ずかしい」という女性もいるでしょう。
そういう女性は、まずは、部屋着や下着などから始めてみてはいかがでしょうか?

タオル、寝具などをピンクにしたり、ベッドサイドにピンクの花を飾る。
それだけでも、ピンクの恩恵を受けられるはずです。

「服」は「福」を呼ぶ♪

心と着ている服の色は連動するということを知っておきましょう
目立ちたくないとき、心を閉ざして暗い気持ちのときは、黒い服を選ぶ傾向があります。
気持ちが軽く、開放的になるにつれて、明るい色を選ぶようになります

明るい色を着始めると、選ぶ「」が「」を呼んできます。
想像してみてください。

喪服のようなファッションで顔色の悪い女性。
パステルカラーの服を着て笑顔で話す女性。
後者の女性と一緒にいるほうが断然明るい気持ちになると思います。

明るい色の服を身につけるようになると、性格や表情も明るくなります
今まで「キツい」「暗い」という印象を与えていた人。
そのような女性にも、キレイな花に蝶が集まるのと同じように、人が集まってくるはずです。

pinnku-hana

冬というこの季節はなぜか暗い色の服が主流になります。
だからこそ、明るい色の服の力を借りて「福」を呼び寄せましょう。

まずは、自分がどんな「花」なのかを探求することが必要です。
華やかで「花」のあるチャットレディになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム