「美」は執念から♪


「美人」は作るもの♪

鏡の中の自分の顔をあなたはいつもどのように考えていますか?
「ここがもうちょっとこうだったらいいのに」。
誰もがこう思っているのではないでしょうか。

鼻がもう少しツンと高かったら、アゴがスッキリしていたら...。
目が二重だったならなど、嫌なところを上げたらきりがありません。

その嫌いな部分から目をそらさず、「鼻よ高くなれ」「シャープなアゴにしたい」
「くっきり二重になりたい」と念じてみてください
「どうせ」と諦めてしまったら、そこでおしまいです。
skincareIMGL7806_TP_V

「美しくなりたい」と、いつも心の中で念じることが自分の顔を変えていきます
ツンとした鼻になりたくて、毎日鼻の頭をつまんでいたら本当にそうなった。

きれいな二重になりたくて自分で二重を作っていたらいつの間にか二重になっていた。
そんな嘘のような本当の話をたくさん聞きます。
きれいになりたいという一念で努力してなりたい顔になれた女性が実際います。

美は執念です
「きれいになりたい」と執念を燃やす人だけが、美しさを手に入れられるのです

メイクするのが面倒くさい、どうせ何をやってもダメだから。
こんなふうに面倒がったり、諦めたりする気持ちの代償が老け顔をつくります。

もちろん、怠け心につい負けてしまうのが人間というものです。
それに女性は本来ズボラで怠け者です。

毎日毎日、肌のケアやメイクをすることに、どこか面倒くささを感じる。
それが本当のところではないかと思います。
skincareIMGL7850_TP_V

毎日きれいにしている女性も時には手を抜く日があります。
そんな生活を続けると代償が待っているのもよく知っています。
だから疲れていてもケアをします。

肌を保護するため、そして人への礼儀としてメイクします
でも、時にはごろごろ、だらだらします。
これはきれいになるための心の息抜きになるのです

「面倒くさい」に負けて何もしなければ、肌はかさかさになっていきます。
「どうせ」と諦めてしまえば現状は何も変わりません。

努力した者には結果が与えられ、怠けた者にはそれだけの代償があります
これが美容の法則です

skincareIMGL7969_TP_V
鏡は一日何度ものぞいてください。
そして、そこに映る自分の顔を直視してください。
まず、ノーメイク状態の自分の顔を鏡にうつします。

薄暗い蛍光灯の下ではなく、家中でいちばん明るい場所に鏡を置いて、正視しましょう
そのとき、決して笑わないこと。
真顔でじっくり向き合ってみるのです

正面をじっくり見たら、次はさまざまな角度で見ていきましょう。
化粧を終えて外に出ればいろいろな角度から人に見られています。

何はともあれ美しくなった勝です。
人のメイクやファッションを批評したり、批判するだけでなく、自分も徹底的にチェックする。
人の振り見て我が振り直せという言葉があります。

「どうしてあの人はあんなメイクをしているんだろう」と思ったとします
そうならば、それと同じ目で自分を見つめることが大切なのです
skincareIMGL7772_TP_V
チャットレディさんも周りを見渡してあの人きれいだなぁ...。
と思う女性がいるかもしれません。
ただ憧れているのではなく、自分自身で自分を美人に作り上げていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム