自分にあった「色づかい」を知る♪

コミュニケーションは外見も重要♪

会話は相手があってのことです。
外見で好印象を抱けば、相手は「この人の話を聞きたい」。
という気持ちになるものです。

よりスムーズにコミュニケーションをとるために、外見にも気を配りましょう。
人と話をするときは、【外見】も大切な要素になります
【外見】には、表情.動作.立ち振る舞い.服装.メイクが含まれています

まずは、自分に調和する色を見つけましょう
色にはブルーがベースとなるクール系。
イエローがベースになるウォーム系があります。

人の肌の色はカロチン(黄み)、ヘモグロビン(赤み+青み)。
メラニン(茶色み)などの色素の割合によって、ひとりひとり微妙なちがいがあります。
クールの色が似合う人とウォーム系が似合う人に大別されます

まずは自分がクール系なのかウォーム系なのか調べてみましょう。
自分の肌に調和する色を身につけると、肌は健康的にいきいきと見えます
くまやしみなどは目立たなくなります。

171203IMGL0144_TP_V

色のイメージを服装にアレンジ♪

【赤】情熱的、積極的、外交的なイメージを与えます
アドレナリンホルモンを分泌させエネルギーが出るという効果があります。
今日こそはというときは赤の勝負服を着ましょう。

【黄】軽快、開放的、元気なイメージを与えます
大脳、神経中枢を刺激して知的活動を活発にします。
気分展開をしたいときは黄色系の服を着ましょう。

【青】知的、誠実、冷静なイメージを与えます
血圧、体温を下げ、精神を集中させる効果があります。
信頼感と知的な印象を演出したいときに選びたい服です。

【紫】高貴、誠実、不安定なイメージを与えます
想像性を養い、感性を刺激する効果があります。
神秘的な印象を与えたいときは高級感のある紫の服を。

【黒】厳粛で都会的、シャープなイメージを与えます
無気力にして想像力を減退させる効果があります。
落ち着いてみせたいときはエレガントな黒をきましょう。

【白】純粋で清らか、涼し気なイメージを与えます
緊張感、警戒感をもたらす効果があります。
清潔感や潔癖さを印象づけたいときに【白】の服を選びましょう。

YUKI0211025_TP_V (1)
メイクから受ける印象のちがいもあります。
人に会ったときに、いちばんはじめに見るのはどこでしょうか。
「まずは相手の顔を見る」という人が圧倒的に多いようです

アイシャドーや口紅などの色づかいでもイメージを変えることができます。
どんな印象を与えたいかによってメイクのし方が違ってきます。

●ロマンティック(華麗)
各パーツを強調し、大胆な色使いを。

●ソフト(やさしい)
暖かみのある血色を感じる色づかいを。

●エレガンス(上品)
目.頬.唇を同系色ですっきりと。

つまり相手の第一印象は顔から受けるところが大きいと言えます。
笑顔が大切なのは言うまでもありませんが、メイクも活用できるのです。

コスメ
顔は眉のかき方ひとつで雰囲気が変わります。
色づかいやメイクのし方を利用してイメージアップを図りましょう

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!