「容姿」で「キレイ」が決まる勘違い。


どうしてキレイになりたいの?

女性なら、誰しも「キレイになりたい」「美しくなりたい」と願うものです。
手元の雑誌をちょっと開いてみれば、一目瞭然です。

ファッションからヘアスタイル、さらにダイエットやメイク。
女性向けの雑誌には、たくさんの「キレイの秘訣」があふれています。

一方、男性向けの雑誌には、自分の「キレイ」をめざす要素なんてほとんどありません。
それでは、どうして女性はこんなにも「キレイ」になりたいのでしょう?
答えは簡単です。

女性にとっての「私はこんな人」という自分像
それは、何よりもまずその「容姿」によって決定付けられるのです。

「わたしはけっこうキレイだわ。その上仕事もできる」。
「わたしは別にキレイじゃない。でも仕事ができる」。
といった感じで、女性にとっての容姿は、あらゆる評価に優先されます。

自分がキレイであるかどうかは、その人の土台を形成しているのです。
これが男性になると、「能力」がすべてに優先されます。

「自分は仕事ができる。その上女性にモテる」
「自分は勉強は出来ないし運動も苦手、でも女の子にモテる」
男性特有の権力欲や知識欲も、すべてこの「能力」の一部です。

「わたしはこんな人」という自分像を、セルフイメージと呼びます。
そして、わたしたちが幸せになれるかどうか?
それは自分に対して「どのようなセルフイメージを持っているか」にかかっています。

容姿がそんなに大事なら、整形手術して、エステで痩せれば、解決するのでしょうか?
もしも普通の顔に生まれてきたら、絶対に幸せになれないの?
こういう率直な疑問が生まれます。

これは大きな間違いになります。
女性は、どんな美貌の持ち主でも、さらなる「キレイ」を求めるようにできているからです。

学校のテストなら90点でも満足するかもしれません。
しかし女性の自己評価は100点を取るまで満足できません。
客観的な美しさとセルフイメージは、イコールで結ばれないのです。

わたしたちは、自分のことも「好き」になれば、それだけで幸せになれるのです
鼻の高さがどうであろうとも、唇の厚さがどうであろうとも。
まぶたが一重だろうと二重だろうと一切関係ないのです。

外見よりも「内面の美しさ」を

内面の美しさを磨きなさい」という言葉を耳にします。
確かに大切なことです。
内面の美しさ」は「表情の美しさ」から映し出されます。

身近に憧れの「美しい人」がいたなら思い出してみましょう。
立ち振る舞いやかもし出す雰囲気が美しい人。
そんな女性は「表情」やそのときの「話し方」が美しくありませんか?

これは、決してキレイな外見ではありません。
まさに目に見えない「内面の美しさ」そのものです。

外見の美しさばかりに気を配るのではなく、日頃の「話し方」を変えてみる。
それが、あなたの表情、そして内面も美しく変化させてくれるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム