自分を「好きになる写真」を撮ろう♪


撮られるごとに自分が好きになる♪

自分を上手に演出し、最高の自分で写真を撮られるにはどうすればいいのでしょう。
写真は「スチール(じっとした)」ともいいます。
つまり「静止」と同義語です。

だからといって、写真を撮られるときは、本当に止まればいいわけではありません。
限りなく動きつづけている最中の一瞬をたまたま切り取られる」。
と考えてください。
IMGL5303_TP_V4
すると、活き活きとした雰囲気が写真に写りこみます。
この目的は、写真に撮られるときに、必ず「美人」に写ること、見えることです

自分の写真を見てくれて「いいね」の数を増やすことです。
fbやインスタなどのSNSを更新するときは、重要です。

自分の写真をほめられたり、SNS上で「いいね」の数が増える。
すると自然と自分のことが「好き」になります

今度は他人に対しても優しくなることができます。
あなたがいるだけで、周りは幸せな気分になるでしょう

158A8199_TP_V

目で呼吸し、写真に「余白」を写りこませる♪

美人に見える写真の撮られ方のコツがあります。
ひとことでいうと、レンズに向かって「目で呼吸すること」です
カメラのレンズを通して自分を見る人に向かって、変につくりこんだりしないことです。

「私はこんな人ですよ」と伝えるようなつもりで、目線を向けます
「自分の【息吹】を届かせる」と思ってください

カメラの前に立つときはリラックスすることが重要です。
ですが、リラックスするとは「自分に集中すること」です。
カメラの前に立つ顔に、自分と対話し、自分に「問い」を投げかけます

問いは、「私は、どんなときに、最も満たされた気分になっているだろう?
と考えてみてください。

目に見えなくとも、その問いは写真にも反映されます。
ですから、見る人は、そこに何があるのかを想像します。

そんな想像をかきたてる「余白」が写っているのが、理想の写真です
そして、この「余白」こそ、美しさの元である「雰囲気」そのものです

外見(骨格や髪型)の特徴に合わせるだけでいい。
それならば、メイクや服などで表面的なキャラクターをつくりあげることはできます。

けれども、私たちが「自分はこうありたい」とつねに抱いている像。
それはもっと本質的なところにあるはずです。
自分のタイプを見つけ、より自分らしい「美人な写真」を実現しましょう
yuka20160818503514_tp_v
イスに座っている状態で、バストショットサイズのプロフィール写真を撮るとき。
その姿勢について、考えてみましょう。
関節を意識しながら試してください。

.からだ(肩.胴体)の向き
.首の向き(目.顔.頭)
.指、手の向きを意識した(胸の位置)

.カメラに対して自分の右肩を斜め後ろに引きます。
.後ろ方向に重心をかけ、背中を傾けます。
.左肩を斜め下方向に傾けます。

.目線と顔の向きを意識して首の向き(目.顔.頭)をきめます。
.最後に、右手を腰におく、あるいは両手をそろえて腰の後ろに重ねる。
襟もとに手を重ねる、顔に手を重ねます。

CRI_IMG_5994500
これで表情に合ったトータルな美しさが出来上がります。
チャットレディさんもこれらのことをおさえてプロフィール写真を撮ってみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム