「想像力」で維持させる♪


「継続」に無理は禁物?

「継続は力なり」ということがよく言われてます。
あなたはこの言葉をどう受けとめているでしょうか?
大切なのは、何を継続するか、ということです

大好きな連続ドラマを見るとき、ただ楽しみだから見ているはずです。
「どうやって気持ちを鼓舞すれば、毎週見続けたいという気持ちを維持できるかな?」
などと考える人なんかいないはずです。
TKBmokomoko_TP_V

面倒くさくてやりたくないようなこと。
それだからこそ、継続するためのノウハウを求めたりするのです。

好きだから続けるというのが本当です
続けたいから続けるというのが本当です

やりたいことへの「愛」さえあれば、それに向かっての努力は、続くのが当たり前です
「どうやったら継続できるだろう?」と考えている時。
その時点でその人は、その対象を愛していないということを証明したことになります。

継続するための技術を求めている時点で、本末転倒なのです。
続けるための力をつけようというのは、本当はとても不自然なことなのです。

確かに、嫌いなことに慣れて来た。
それほどヤル気にもなれないことを平気で続けることができるようになった。

それが立派かというとそうではないと思います。
ただ単に感性が鈍くなったに過ぎないのかもしれません

AL002-kaigishitukarachirari20140722_TP_V
「継続は力なり」と教える人はたくさんいます。
「やりたくないことを我慢して続けられるように、あなたの魂を家畜化しよう!」
と奨励しているのと同じことだと思います。

継続が力なのではないと思います。
「愛」が力なのです
愛が継続したい気持ちを生み出すのです

感性を鈍らせ、魂を家畜のように飼い慣らして、それで輝くことなんかできません。
嫌いなことを無理に我慢してやっている人で、キラキラしている人はいないでしょう。

キラキラと輝いている人は、やはり自分がやっていることが好きで好きでたまらない
そういう人ではないでしょうか?

だから、どんなことをするときもこういう気持ちを持つ事をおススメします。
私は、好きだからこれをやるんだ。やりたいからやるんだ」。
という気持ちです。

すべての行動を、愛に基づいて行える人でありたいですね。
そうでなければ、努力も、あなたを輝かせるどころか、曇らせてしまうことでしょう。

もちろん、現実には、やりたくないことをやらなくてはならない状況もあります。
そういうことから逃げていいということではありません。

嫌いなことを無理してやるのではありません
どうせ無理をするのなら、好きになる努力をすることのほうに無理をしてみましょう

大変なことをしなくてはならないとき、我慢してそれをやる「忍耐力」。
それよりも、その中に楽しみや意義を見出すように工夫する「想像力」が大切です
171203IMGL0144_TP_V
そちらのほうが、あなたを輝かせるためには役に立つのです
ネガティブなこともポジティブに変えるためにも想像力を働かせてください。

多少こじつけでも、やりがいを見出してみましょう。
それを継続することが力に変えて行くのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム