「育ちの良さ」で安心感を♪


うっかり差がつく「食事」の振る舞い♪

しぐさの中で一番目立つのが「食事」の時の振る舞いです。
背筋はまっすぐ、脇をしめた動作を心がけましょう

よく顔から背筋を丸めて、食べ物を食べに行く女性を見かけます。
これは同性から見てもとても残念です。
美しくない以前に、みすぼらしく見えます。
miuFTHG2178_TP_V

お箸、フォーク.スプーンはわきを締めて、口に近づける。
自分はまっすぐの姿勢のまま、食べ物を近づけます。
それだけで、凛とした気品が漂います

マナーといっても、こんな簡単なことなのです。
しかし、しつけをきちんとする家庭でしか教わらないことです。
食事は本能に関わる行為です。

本能に任せていると野性的な食べ方になってしまいます。
すなわち、育ちの良さとは程遠く、獣になってしまうのです。

次に姿勢で大切なのは、肘をつかないこと
観察してみると案外、食べる間に肘をついている女性は多いですね。
これも、自分で体を直立に支えられないというだらしなさとして、相手には伝わります。

それから、席につくときに、居酒屋以外でしたら、椅子を自分から引いて座らないこと。
店員さんが引いてくれるのを待ちましょう。

いつでもどこでも待ちすぎて失敗することがあります。
そのくらいの方が男性受けはいいですね。

あっ、この子はそれ相応のお店につれていかなくてはいけないんだ」。
と男性の身が引き締まります

resutoran
そして、案外やってしまいがちな、箸やフォークなどで食べ物をいじってしまう。
かきまぜる行為など、手持ちぶさたからやっていてもNGです。
見た目も「食べ物を大切にしない」という点でマイナスです

一口食べたら、いったん箸.フォーク.ナイフ.スプーンは置きましょう
もしくは、そのくらいの心構えでいましょう。
マナーの世界では、一回一動作が一番美しいとされています

あなたもお嬢様をイメージしたら、せかせかと動いているイメージはないですよね。
ゆったりと1つひとつの動作を丁寧にしているイメージがあるでしょう。

それから、これは絶対です。
箸の持ち方は正式な持ち方をするように

全体的な動作として、ゆっくりを心がけましょう
早い動作は、優雅とは無縁です
どちらかというとせかせかして、余裕がなく、貧相に見えます。

とはいっても、マナーは、完璧にやり過ぎても男性は引きます。
完璧なお嬢様を相手にできないと思われてしまいます。
ですから、マナー本にとらわれすぎずに、最低限のマナーを身につけましょう

SAYA151005108415_TP_V
ちょっとしたことですが、ごまかせないのが食事なのです
食事をあなどるなかれです。
「育ちのよさ」に焦点を絞って、相手に安心感を与えましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム