「先入観」を持たない方法♪


「思い込み」は相手との距離を遠ざける

わたしたちの周りにはデリカシーが欠落してる人がたくさん存在しています。
実際、自分自身もその中の一人になっているかもしれません。
その人のことをひとつも知りもしないで「○○さんて遊び人なんでしょう?」と平気で言う人。

あくまでも本人の思い込みで、そう決め付けているのです。
しかも、自分の直感にかなりの自信を持っていたりするので最悪です。
それに懲りず、その人の居ないところでも、その人についての噂話をする。

そんな女性や男性が、好感を持たれることはないのがわかると思います。
先入観のほとんどは、人の噂からつくりあげられています

あの人は冷たい人だ、あの人は親分肌だ、あの人は計算高い...。
どれもそういわれてるいるというだけのことです。
本当にどうなのか知っている人は身近な人に限られます。

普通、人は簡単に自分をさらけださないものです。
だからこそ、噂がひとり歩きをします。

初めて誰かに会うとき、相手についての予備知識は必要です。
それは客観的データーであって噂ではありません

先入観を形づくるもうひとつの要素は、相手にこうあってほしいという思い込みです
よくいえば自分なりの理想があるのですが、それはほとんどの場合自己中心的なものです
自分にとって都合のいいイメージを押し付けたなら、結論的には人から嫌われてしまいます

人に対して一方的な先入観を持つのは、その人が成長していない証拠です。
たとえば、恋人ができにくい人は、心のどこかで異性を怖がっています。
その恐怖をごまそうとして、異性に対する自分なりのイメージをつくろうとします。

先入観を持つ人に対して、人は身構え、防御的になります。
向こうがそうならこちらも、と意固地になり、ガードを堅くします。
こうしてギクシャクした人間関係がつくられます。

先入観が人と人とのいい関係をつくるのに邪魔なのは確かです。
先入観は自分の判断に自信のない人が頼る武器みたいなものです。

それが、噂によるものであれ思い込みによるものであれ、もともと必要のない武器なのです。
特に、先入観はチャットレディには持ってはいけない武器です。
DI_IMG_5763_TP_V

先入観を持たない人は、相手から好かれます
ありのままの自分を受け入れてくれたと感謝されます。

先入観を持たない人に対して、人は本当の自分を全部見せてしまおうという気になります。
先入観を持たない人は、公平な物の見方のできる人として、信頼されます。

先入観も持たないトレーニング
それは、映画解説とか書評などを絶対に見ないことです
映画なら映画館の前に行って、入るか入らないか決めます。

本なら本屋の店頭で、どれを買うかを決めます。
自分の勘を普段から養っておきます
そうすれば、相手が人の場合も役立ちます

先入観なしに相手がどんな人かを知る手段は、自分の目です。
目というのはもちろん直接的な意味ではなく、実際には耳といったほうが正しいかもしれません。

相手の話によく耳を傾けて、どういう人かを知るのです。
それが最も手っ取り早い方法です。

チャットレディのお仕事は「聞き役」に回ることが必要不可欠です。
お客様を深く知ることはできなくても「耳を傾ける」気持ちを忘れてはいけません。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム