「サービス精神」を発揮できる人♪


まずはこんなひと言から♪

食事のシーンに限ったことではないですが、好感を持たれる人
それは、気が利き想像力に長け、思いやりと素直さのある人ではないかと思います
そして、ある種のサービス精神を持った人でもあります

人を楽しませる。
人を喜ばせる。

それは相手に媚びるということではなく相手が楽しんでくれたり喜んでくれたりすること。
それが、自分の楽しみであり喜びでもあるということです

相手を喜ばせるというささやかな思いやりをどのように表現したらいいのでしょう。
それは、どんな小さなことでも素敵な点、いいところを見いだす感性が欲しいものです。
たとえば招待された店に一歩足を踏み入れたとき、席についたとき。

素敵なお店ですね」。
渋い雰囲気ですね」。
このように、まず褒めます。

pak86_torinosuakashiro20130825-thumb-autox1000-17027
招待した側は、自分の選んだ店を気に入ってもらえるかどうかをとても気にしています。
こちらが相手を喜ばせたいと思う以上に、招待する側は気を遣っているものなのです。

「ものを食べる」行為で見えてくるもの

初めて食事をするとき。
大勢で食事をするならともかく、仕事関係の人、特別な気持ちを持った男性。
一対一の食事であるなら、いくつか気を遣ったほうがいい点があります

まず、食事をする、ものを食べるという行為。
それはある意味とても色気を感じさせる気がします。
SAYA151005250I9A8395_TP_V

食べ物を口に入れるとき、人間はとても無防備な状態になります。
素の自分というのが見えてしまう可能性があります。

どんなに素敵に装っていても、食べ方に品がなければそれで終わりです
どんなに話がおもしろくても、また食事に誘いたいとは思われないでしょう
食事の場面で大切なのは、品と愛嬌だと思います。

品はもちろんマナーに通じます
食事の仕方から、ある意味で「お里が知れてしまう」になります。

お行儀を習われたのか、ちゃんと母親がしつけなかったのか?
と、思わず考えをめぐらせます。

人は、なぜか相手の長所よりも短所が印象に残ってしまいます
ちょっとしたことであっても印象に強く残った一瞬。
そういうのは、なかなか記憶から払拭しにくいものです。

TSURU_oyakonnatokoroni_TP_V
キレイな女性が食事をしていたとします。
その女性が前のめりになって背中を丸め気味に食べている姿。
その姿を見たら興ざめするのではないでしょうか。

逆にその姿が反面教師となり、自分が気をつけるきっかけになるかもしれません。
楽しい食事の時間をマイナスイメージの時間に変えてしまわないように気をつけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム