「リラックス」で魅力発揮♪


背伸びは「モテオーラ」の敵

ある男性は口下手で、きれいな女性の前に出ると緊張して話せなかったそうです。
そこでモテるために本を読み、「僕は素晴らしい」「自信にあふれている」。
とプラスイメージトレーニングをして堂々とした感じで誘ってみました。

だけどいつも断れてしまいます。
ところがあるときから、緊張を隠さないで、そのままいうようにしたのだそうです。
IMGL8657171031_TP_V

「あなたみたいに、キレイな人にはなしかけるのは緊張します」。
「すてきな人ですね。一緒にお茶でもしてくれませんか?」と。

自分をつくるのをやめて感じたままを伝えたのです
すると美女たちがみんな笑って「いいですよ」。
とあっさりお茶をしてくれたのだそうです。

いったい今までの努力はなんだったでしょう。
マイナス思考でも、どんどん結果が出る。
むしろ、こちらのほうがうまくいく!ということに気づいたのです。

女性の立場からしても、よくわかることだと思います。
ステータスが高いふりをしようとして、緊張しているのを必死で隠そうとしがちです。
かっこつけている人は、かっこ悪く小さく見えて、むしろステータスが低くなります。

それよりは、緊張しているのを素朴にそのまま伝えてくれるほうが、悪い気はしません
よっぽど自然体で魅力的で、むしろステータスが高いのです

だけど、私達は、この男性と同じことをしてしまいがちです。
好きな気持ちがばれるのが怖いからです
緊張しているのがばれたら恥ずかしいからです
YUKA8451_745_TP_V
でも、そうやって、緊張しているのに緊張していないように見せようとする。
だから、余裕がなくなります。

なぜなら、緊張したそのままの自分を隠すということ自体。
自信のなさの証明なのです。

そしてそれは、理屈じゃない次元でバレて、まったく好かれません。
そうだ。緊張しているんだ、これが自分なんだ」。
というほうが、よっぽどホンモノの自信なのです

自分をつくっていないほうが、よっぽどステータスが高いのです。
そして、ウソをつかなくていいので、本人も落ち着くのです。

本当の感覚や気持ちを伝えればいいだけなのです
ですから、リラックスでき、モテオーラが出るのです。
がんばって自分をつくっても、やはりホンモノの魅力にはかないません

ハッピー
もちろん、マニュアル本の否定ではありません。
それが存在して気づくこともあるのです。

緊張をほぐしたいのなら、自分からかけ離れたすぎになることは気をつけましょう。
自分らしい魅力で勝負してみましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム