「楽な恋愛」こそ長続き♪


「ドキドキしなくても立派な恋愛」

巷でよく聞かれる恋愛キーワードの一つがあります。
それは、「一緒にいて楽」というものです。

「いまつき合って彼とは楽でいられるんだけど...」。
「ホントにこの人でいいのかな?と思うこともあって...」。

「前の彼とはいろんなフィーリングがピッタリで楽ちんだった」。
「今好きな人は価値観が全然違うし疲れることも多い、でも、なぜか惹かれてしまう」。
TAKEBEIMGL3639_TP_V

価値観や感覚がしっくりくるので一緒にいやすい
ドキドキやハラハラはないけれど、疲れない
背伸びしなくてもいいしプレッシャーをかけられないので、とにかく「楽」

こうした恋愛を求める傾向が、男性.女性を問わずここ数年で急激に広まっています。
とくに男性は、その流れにいち早く対応していています

一緒にいることで苦痛や負担を感じず、興奮がない代わりにめんどうなこともない。
そんな恋愛を好む傾向が強まっています。

001Yama077_TP_V4
いっぽう、女性のほうはまだ心のどこかでひっかかりを感じているようです。
「恋愛っていうものは、もっとドキドキしなくてはいけないんじゃないか」。
などと首をかしげる女性は少なくありません。

こうした温度差、人生に恋愛を求める度合いの隔たり。
それこそが、現代の男女の悲劇を生んでいる要因です。

「楽」というと、努力をさぼっているようで響きが悪いかもしれません
ですが、人生、「楽」(たの)しいのに越したことはないはずです

「一緒にいると楽だけど、これって恋愛?」と疑ってしまう。
いっそのこと「恋愛(=恋し愛される)をしている」のではない。
「楽楽(=楽ちんで楽しい)をしている」のだと考える。

そのほうが、すっぱりと割り切れるかもしれません。
相手からの気持ちが足りないと嘆いている女性が多いかもしれません。

その女性は幼いころから慣れ親しんできた「恋愛幻想」。
それに縛られているだけかもしれません。

「恋愛中毒」を自認してドキドキする相手ばかりを求めないことです。
パートナーとのんびり生きていこうとする恋愛観
それが、これからますます求められていくでしょう

TAKEBEIMGL3239_TP_V
楽は悪いことではないのです。
「一緒にいて楽」が本当のベストなのです

チャットレディのお仕事も同じです。
擬似恋愛の中でお客様が緊張せずに楽にあなたと接することができる。
それがリピーターになっていただける秘訣です。

もちろんドキドキも必要です。
最初はドキドキ、その後は一緒にいると「楽」という空間を提供しましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム