モテる為の見た目とは?


見た目の好みは相手によっては違う

絶対にあり得ない答えを求める。
好みは相手によって全員違うのに「モテる見た目になろう」っていうこと自体が不自然。

そんな答えはないのかもしれません。

自分がモテる格好をしたからとして、それがいいって言う人もいれば、イヤだって言う人もます。

万人からモテようとして相手に合わせて、相手が好いてくれる格好にするのではなく、自分の好きな格好を磨き抜いていけばあなたを好きな人が出てくるのです。

昔の有名な新撰組の近藤勇だって熱狂的なファンがいますが、近藤勇は女性にモテようと考えて羽織を着たわけではないでしょう。

基本的に、現代人の考え方には多少違いがあります。

自分という個性を磨いて磨いて磨き抜いていくと、自分を好きだという人が5人になり、10人になり、20人になる。

それなのに、みんながみんな個性を無くして同じような無難な格好をしているから、誰からも憧れずらい傾向にあります。

モテる人ほど個性が強い

「女性は無地の洋服を着たほうがいい」とか、「ヒョウ柄は好きじゃない」とか言う男性が居ますが、それはその人の好みです。

ヒョウ柄がイヤであろうと、その人の彼女じゃないのですから。

万が一、自分の彼氏だとしても、そもそも、あなたはそんなことを言う男性に好かれたいですか?

あなたはチャットレディとして好きな格好を磨いて磨き抜いていくと、あなたを好きだと言うお客様が必ず出てくるのです。

例えがヒョウ柄になりますがヒョウ柄の何がいけないと、いちいち言うことを聞いていたら、だんだん地味になってきます。

ヒョウ柄の好きな男性にとってはヒョウ柄のあなたは「魅力的」に見える。

「自分の大好きなヒョウ柄を着ただけでごちゃごちゃ言う男性は自分に合わないタイプだ」と思い込むことです。

女性の着るものに口出すのは男らしくないとか、出世しないとか、自分の個性をはっきりして自分は自分の好きな格好をする。

男の人も女の人も、相手に合わせる必要なんてまったくないのです。

地味なら地味でキレイを追い続ける、派手なら派手を追い続ける。

ヒョウ柄だろうが、ワシ柄だろうが、自分の好きな格好を「いいね!」と言ってくれる人が、5、6人いればいいのです。

人の意見を聞きすぎて個性を抑えすぎてはいけません。

そんなことをしていると、言っていることや、見た目、やっていることにも魅力が半減してしまいます。

個性を思う存分発揮させて自分と言う人間を磨いて磨き抜いて「モテる為の見た目」を磨いてみませんか?

接客にも自信を持って接してみて欲しいです☆


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム