いい女の「癖」は程々に。


「癖」でいい女が下がる

癖はどんな人にも一つや二つあるものです。
でも「あの人の癖、可愛いよね」という言葉をあまり耳にしません。
どちらかというと、マイナスイメージの癖が多いのではないでしょうか。

これから挙げる、「」に思い当たるものがあれば、直すように努力しましょう。
毎日、自分磨きを頑張っているのですから。
癖ごときに、「いい女度」を下げてしまったら、今までの努力が台無しです。

座っているときに出る癖

座って話すときの悪い姿勢で、第一にあげられるのが、「貧乏ゆすり」です。
リズムをとってるかのように、ひざなどを細かく動かしながら喋る姿。
ゆったりした感じと正反対の、こせこせした印象を与えるのでNGです。

癖になっていて、気づかないうちにやってしまっている人。
親しい人に注意してもらうなどして、早く改善しましょう。

手のしぐさの癖
代表的なのが「髪の毛の先っぽをいじる癖」。
この癖は、話を聞くときにやりがちなので、話し手にとって目障りです。

男性が話してるときなど、毛先をいじっている女性を見かけます。
決して好感は持たれてないはずです。

話しながら、人差し指で、相手を指すような素振りが癖になっている女性がいます。
話に夢中になると頻繁にその癖が出ます。

名指すなら、指を揃えて相手に向けるのが理想です。
指一本だけを向けると、突き刺されたように感じて相手は身構えてしまいます。

目上の人と口論になって、腕組みをしている女性。
腕組みをしている姿勢は、相手の言い分を拒否するポーズです。

足の姿勢の癖
欧米では、女性でも足を組んで話を聞いたり、しゃべったりする人が少なくありません。
特に違和感がありません。

しかし、文化、風土の異なる日本では、足を組む姿勢は偉そうに見えます。
抵抗を感じる人が少なくないのは確かです。

通勤の車中で、両足を揃えて、つま先を幾分か内側に向けて座っている女性。
たしなみがあって、好感が持てます

TIG89_benchinikoshikakerujyosei-thumb-815xauto-16746
            こんな足の組み方ならベストです

歩き方の癖

姿勢の良し悪しで、相手に与える印象は大きく変わります。
顔立ちがキレイでも、前かがみで、肩がすぼんでいる女性は、頼りなく見られてしまいます。

歩き方ほど、年齢が若いにも関わらず、イメージを左右するものはありません。
年配でも、颯爽と歩く姿がシャンとしていたら若く見えます。

誰も見ていないからと、腰を丸めていては、これもいつか「癖」になります。
いつも、誰かに見られていることをイメージすることが大事です。
時には、街の大きな鏡でチラッと自分の歩く姿をチェックしましょう。

まだまだ、人からよい印象を与えない癖はあります。
指摘してくれるような人が身近にいるのなら、改めて聞いてみるのも一つの手です。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム