「着こなし」で気分をまとう♪


服を着ると同時に気分をまとう♪

おしゃれな人たちは、合理的な服選びをしています
昨今では、「いかにシンプルにすごすか」ということに重きを置く風潮もあります。
所有する服の数を増やさないように、上手にコーディネートする人もたくさんいます。

そのような人達は、上質な素材で、ベーシックなデザインの長く着られる服を選んでいます。
それは、誰からも「いいね」と評されたり、かつ長く愛されてきたであろうものです。

つまり、そういったみなが認める「良い服」。
それは、じつに多くの人の手にわたり、着られているということです。

特別に美しく、素敵に見えるあの人も、みな同じ服を買っている可能性があります
何が違うかと言えば「見せ方」です

kawamura1029IMGL4485_TP_V
シンプルで、かつみなと同じような服。
だからこそ美人に見える人は「着こなし」で差をつけているということです

メリハリをつけて着るか、服そのものを生かして着るか♪

美人に見える着こなしの基本は「コントラスト.フィッティング」。
それか「マッチ.フィッティング」かをはっきりさせることです。

堅い服は堅苦しく着ない、逆にやわらかく身軽な服はきちっとした立ち居振る舞いで着る
というのがコントラスをつける着方、つまり「コントラスト.フィッティング」です

一方で、生地の質感やカッティングラインを優先します。
つまり服じたいに存在感があるものなら「服に従う」着方。
それが「マッチ.フィッティング」です。

「カジュアルな服」は、だらしなく着ない♪

カジュアルウエアは自分のからだにもやさしく。
かつ他者にも打ち解けてすごしやすい服です。
だからこそ、だらっとせず、背筋を伸ばして着ることです

実はカジュアルな服こそ、美しく着こなすには、体型の維持。
ヘアスタイルや美容などに気を配っているかが重要になります。
服そのものの質感が出せないからです。

「贅沢しない分、中身(自分)に投資しているスマートカジュアル感」
それを出すことが、美人な雰囲気を出す秘訣です

「暑い生地の服」を着たら、クネクネ動かないことです。
「からだのどこかをクネッとヒネルなどの動きを取り入れる」ことが大切です
ですが、暑い生地の服を着るときは例外です。

冬のコートをイメージしてください。
大きなカットで優雅に見えるコートを着て、クネクネ細かく動かしてみてください。
毛布をはおっているように見えます。

カチッとした服は、マネキンが着ているように、シルエットを崩さない。
「直線で着る」のが理想です。
脱いだらリラックスしましょう。

saya1601042444112_TP_V

「光る、透ける、揺れる服」はドサッと動かない♪

「光る、透ける、揺れる」服やアイテムは、男性が女性に対し
「女性らしい」と感じる三大要素です

なぜなら、男性が普段着たり身につけたりしないものだからこそです。
これらは、若さや躍動感、きらめきやときめきが生まれる服です
ですから、いつでもさわやかな動きを心がけます。

けれども、こういった生地の服を着て、ゆっくり動かないようにしましょう。
パジャマのように見えるからです。
もともと光る素材の服は、ライトの光を反射させるために夜に着るものです。

PAK75_shiwagadekitasaten20140813_TP_V
昼間に着るならば軽やかな振る舞いをするようにしましょう。
品の良い印象になります。
これらのことを踏まえてチャットレディさんは上手に服を着こなしてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム