「髪型」はあなたの看板♪


美人は「なりたい髪型」ではなく、「似合う髪」を優先する

美人は、自分に似合う髪形を試す勇気を持っています
髪型選びには、とても勇気が必要です。
なぜなら、なりたくない髪形と似合う髪形は同じではないことが多いからです。

髪型は、髪質、顔型ではありません。
性格や趣味、好きなファッション、自分の内面を作る要素を無視して選ぶわけにはいきません。

「なりたい」髪を選ぶ大多数の女性の中美人が潔く選ぶ髪形とは?
「なりたい」ではなく「似合う」髪です。
客観的な目は、美人にとって一番必要なものです。

中でも髪型は、それを最重視するべきです。
似合う髪形は圧倒的な美人をつくる特別な威力があります。

髪型アプリを使って試したり、自分撮りしたり、周りの人たちの意見を聞くことも必要です。
同性だけではなく異性の意見も必ず聞いてみましょう。
もちろん美容室のプロの意見もとても大事。

また、似てると言われる芸能人の髪型を研究することで、美しさに磨きがかかります
第三者の意見は新しい自分の魅力を引き出す最高のきっかけにもなります

男ウケ、女ウケの両方を望まない

わかりたいのに、わかりきれないのが男性。
ネイルを盛れば「気持ち悪い」。
完璧と思ったメイクも「なんか今日は疲れてる?」と言われたりします。

逆に、適当に仕上げた手抜きメイクを「今日はかわいいね」と褒めてきたりすることも..。
服でもメイクでも顔でも胸でも脚でも、この世のほとんどのものに男女ウケが存在します。
やはりその中で一番影響力を持つのが髪です。

ヘアースタイルというのは、ある意味その人そのもので、看板みたいなものです
日本を代表するトップスタイリストいわく
「これからの上級美人は男女ウケどちらかを選択すべきだ」と言っています。

つまり、女ウケ、男ウケを両方手に入れようとしたらかわいらしさしか手に入りません。
欲張り女性は平凡な美人にしかなれないという考え方です。

女ウケなら無難は捨てて個性的な要素を足す。
男ウケなら安心感重視で冒険はNG。

癒されるようなやわらかさと、守ってあげたくなるあやうげなゆるさこそ男心を翻弄します。
男ウケ重視の「計算ずくの普通」は「普通じゃないかわいさ」のことです。

この夏、髪型のイメチェンは済ませましたか?
自分に似合う髪形を探すのにはどきどき、わくわく感があります。

芸能界も髪型をガラッと変えただけで人気がUPするほど髪型の力は偉大です。
もちろん、彼女たちにはプロの取り巻きがいるわけですから安心して変貌できます。

前述にもあったように、プロではなくても周りの意見、美容師さんの意見を聞くことが必須です。
現状がベストならばそのままで、「こうしたら?」とアドバイスを受けたらチャンス到来なのでは!?
似合う髪形」になったらケアーもしっかりしましょうね。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム