正しい「自己認識」をもつために♪


キレイに「意固地さ」は禁物

自分の顔やボディは毎日見ている。
小さいときからの付き合いだから...。

だから、自分の魅力について一番知っている。
そう考えることは一見正しいことです。

華奢に見られるけど実はずん胴を隠している。
足首が太いからパンツスタイルしかしないなど、秘密まで知っているのは、自分自身。

おしゃれやメークについても自分に似合うものは自分が一番わかっている
そう思いがちの女性は多いと思います

ところが現実には、自分の魅力は何か、どうすればもっとキレイになれるか
そんな自分をあまりわかっていない人は少なくありません。
誤った自己認識の「キレイのマイルール」を持った女性がいます

そうした女性には共通点があります。
おしゃれに対して概して意固地です
何の根拠もなく「これはOK、これはNG」などの判断をなかなか曲げようとしません。
TAKEBE160224090I9A0398_TP_V

おでこが広くて前髪を上げるのが恥ずかしいから
いつも前髪のある髪型。

顔が大きいから
ショートはだめ。

目が小さいのをカバーしたくて
アイラインでぐるり囲んで大きく見せるのが定番。

丸顔だから
顔のサイドにワントーン暗めのパウダーで欠かさずシャドーをプラス...。

それらのルールが顔の欠点を隠すための効果を発揮してることも確かでしょう。
しかし、もっとキレイになる方法もあるかもしれません
それでも、なぜか「私はこのままで」と決め込んでいたりします。

ファッションでいえば、足の太さを隠すためのロングスカート。
フェミニンな色は嫌いだから黒一辺倒で突き通す。
そのマイルールの原点が的確だという根拠はどこにもありません。

ロングスカートで足の太さを隠すことはできます。
でも、その女性の身長が足りなかったら、どうでしょう。
いっそ短めのスカートにして、快活なイメージに変えてみる。

あるいは長め丈でもスリットが深く入っているものにしてみる。
試行錯誤の手間を省いては、キレイから遠ざかってしまいます

ただ頭の中で「こうに違いない」と考えてそれに従っていませんか?
そんな傾向がある女性は自らの思い込みで自分のスタイルを作ってしまいがちです。

したがって、キレイが発展しないタイプになってしまいます。
そうなる前に、キレイと思える身近な女性に質問魔になりましょう。

「どんな基礎化粧使ってるの?」
「おすすめのファンデ、ある?」

「どこのヘアサロンに行ってるの?」
「脚やせに利くコスメ知らない?」....etc。

キレイな人は、美容情報通であることが多いものです。
「えー、特別何もしていないよ」という女性に限って意外な裏わざを持っているものです
それが、美人の特徴といえるかもしれません。

OMG151018250I9A2443_TP_V

自分の魅力を一番知っているのは自分というのも間違いはないでしょう。
しかし、見てくれている人が知っているあなたの魅力...
そちらの方が、自分が思い込んでるいるものより格段にいい場合もあるのです

自分なりの「マイルール」を持っているチャットレディさんも多いと思います。
本格的な春到来!イメージチェンジには打ってつけの季節です。
キレイの努力を積極的に聞きだして、最上級の美人に変身してみては....♪
YUKA160322010I9A4289_TP_V


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム