「自分の殻」から抜け出そう♪


ネガティブな考え方の癖を変える方法♪

何でもすぐに悲観的にとってしまうネガティブな人は意外に多いものです。
たとえば、きれいな顔をしている人に「自分は鼻が低いからモテない」。

などと、自分の欠点の愚痴ばかりを言われても贅沢な悩みにしか聞こえません。
そして、聞いていてあまり楽しいものではありません。

また、スポーツ観戦中、自分が応援するチームが大量にリードしている。
なのに、いつか逆転されるんじゃないかとハラハラする。

ちょっとでもミスをすると「危ないなあ」「だめだなあ」と、ため息をついたり。
こんな人がいると、せっかく盛り上がっている周囲の人も、だんだん白けてしまいます。
KOIBITODe_TP_V

こういったネガティブな考え方はこうです。
それは「がっかりするのが嫌だから、はじめから諦めてしまおう」。
という臆病な発想から来ています

ですから、ネガティブな人は、本当に愛されたいと思っています。
でも愛されなかったときショックを受けるのが嫌なのです。

本当はひいきにしているチームに勝ってほしいのに負けて意気消沈したくない。
そういう理由で、はじめから諦めてしまおうと考えているのです
そうして、自らネガティブな性格を作ってしまうのです

たとえば、ネガティブな女性が、合コンで素敵な男性の隣に座ったとしましょう。
女性は「初対面なのにとても話が合うわ」と、その男性を気に入りました。
ですが、男性が席を移動して別の女性と楽しそうに話を始めてしまったのです。

そこで彼女は、「彼は私と話していてもつまらなかったんだ」。
とがっかりして、それからは彼に声をかけられずに帰り道についてしまったのです。
CHIHIROIMGL1401_TP_V
こうなると、どうせ自分はダメなんだとますます思うようになります。
結局、ネガティブ度は増してしまいます。

でも、相手の男性は、本当に彼女と話していてつまらないとおもったのでしょうか
だから別の女性のところへ移ったのでしょうか

ネガティブな人というのは、すぐに自分を最悪の状況に置きたがる傾向があります。
ですが、物事の見方は一つとは限りません。

見方を変えれば、まったく逆の解釈ができる場合もあるのです
まず、何も感情移入させない冷静な見方をしてみましょう

「一人の男性が、合コンである女性と話していた。しかし、彼女が席を外した」
「だから、別の女性と話すことにした」
これが客観的事実で、よくあるシチュエーションです。

なぜ、男性が別の女性と話すことにしたかを追求しない。
意味づけも結論もない、事実だけに焦点をあてた見方です。

その女性は「あの男性は自分と話しているのがつまらなかったから、席を移った」。
と、ネガティブに考えました。

そして、ネガティブな人に欠けていることがあります。
物事を一方から判断せずに、多面的に見ることです。

貝殻
たまには、自分の殻を取り外して、周囲の人や物事をあるがままにみつめてはどうでしょう。
今までに見えなかったものが、たくさん発見できるはずです。
思い込みから解放されると、自分をも他者をも、ポジティブに捉えることができるはずです

ちょっとやそっとでめげなかったり、何度、同じ失敗をしても平気な人がいます。
そういう人のことを「能天気」と言います。
ですが、人生は少しぐらい「能天気」なほうが楽しいものなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム