「自分の顔」を知る必要性♪


自分の本当の顔を知っていますか?

スナップ写真を撮ったとき、思わず、「えっ、私って普段こんな顔?」
と、驚いたことはありませんか?
意外なことに、私たちが鏡で自分の顔を見る時間は、多くないものです。

朝起きて歯を磨く。
顔を洗って化粧水をつける。
そして、お化粧を整えていく。

日中にはお手洗いに行くときに鏡に映る自分をチェックし、化粧をなおす。
夜になったら、お化粧を落とす。
お風呂上りに乳液や化粧水をつける。

これら全部ひっくるめても、せいぜい1時間から2時間くらいではないでしょうか。
男性ならば、もっと少ない時間になるでしょう。

しかし、あなたが鏡を見ていないとき、周囲の人たちはあなたの顔を見ています
わたしたちの顔、表情は、常に人目にさらされています
その意味で考えるなら、近しい友達などは、あなた以上にあなたを見ているのです

このとき、「彼女の顔はキレイ」「彼って、なんてカッコいいの」。
などと、思いながら相手の顔を見ているわけではありません。

「あれ、彼女はちょっと怒ってるのかな?」
「浮かない顔してどうしたのかな?」
「よかった。喜んでるみたい」といった感じで、相手の「顔」ではなく「心」を見ています

あなたの顔は常に人目にさらされています。
人はあなた以上に、あなたの顔を見ているのです

そして、あなたの「顔」を通じて、あなたの「心」を見ているのです
あなたは普段、どんな顔で過ごしていますか?
0I9A5443ISUMI_TP_V

顔は「見られるため」にあるもの

人間がどれほど「表情」から情報を得ているのでしょう。
人間にとって体毛とは、ただの飾りではなく、生死の根幹に関わるほど大切なものです。

しかし、よく考えてみましょう。
ヒトの顔やチンパンジーやオランウータンなどの類人猿の顔には、体毛はほとんど生えません。
これがどうしてだかわかりますか?

答えは「互いの表情を見るため」です。
犬や猫のように、体毛に覆われた顔では、表情は読み取れません。
そこで、ヒトや類人猿は、進化する過程で顔を「裸」にしました

これによって、目元や口元の小さな動きも読み取れるようになります
さらに、より複雑で高度な「表情のコミュニケーション」がとれるようになったのです

こうして、考えると、女性がメイクをする行為とは。
それは「裸になった顔」に少しだけ衣装を着せているようなものかもしれません。

キレイに「メイク」という衣装を着ていても、無表情なら裸と同じということになるのでしょう。
チャットレディとして、表情豊かにゴージャスな服を「」に着せてあげましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム