「1分」の重要性♪


スキマ時間をの上手な使い方♪

1分間の使い方で、その人のスピード感がわかります
たとえば、ミーティングのあとにすぐ出なければならない時があります。
ここでミーティングの内容を1分でまとめらる人は、スピード感があります。

「じゃ、そんな感じでまた」と言って何もまとめないで出る。
まとめるのに15分かかるのも、どちらもダメです。

1時間のミーティングを1分でさっとまとめられた。
するとミーティングの内容も生きてくるのです。
SEP_329915201730_TP_V

出掛けに企画書を直すように言われたとき。
①「これから出かけるので直せません」と言う人。
②1分でできる範囲の直しのできる人の2通りがいます。

1分でできることでいいのです。
頼む側は、できる範囲で頼んでいます。
1時間かかるようなことを出がけにやれと言っていません。

1分の使い方は大きいのです
勉強も同じです。
「1分しかないから勉強できない」ということはありません。

英語の勉強をしている人は、信号待ちの間にも勉強しています。
短い時間でも、パッと集中できます。

1分の使い方で、その人の一生の使い方のリズム感がわかるのです。
電車の中で勉強している人がよくいます。

①おりる駅を忘れるぐらい、ギリギリまで集中している人。
②早めに片づけている人の2通りに分かれます。

早めに片付ける人は、1分が使えない人です。
「1駅分の時間しかないから、勉強できない」。
と言う人は、その時間に携帯でメールチェックをしています。
kazukihiro0803DSCF5715_TP_V
電車に乗っている時間は、昔はスキマ時間でした。
今はメールのチェックタイムになっています。

カフェでテイクアウトのコーヒーをオーダーします。
出てくるまでの待ち時間があります。

大体1分です。
それがメールチェックの時間になっています。

すべてのスキマがメールチェックで埋まっています
少しでも時間があればメールチェックをしているのです。

その間に参考書を見ている人もいます。
その差は大きいです。

見ていて、カッコよさもまったく違います。
1分で勉強できる集中力があるかないかで差がつきます。

メールで集中力は養成できません
メールチェックが、いい時間つぶしになっているのです。

akane20160312012313_tp_v
女性が男性より圧倒的に時間を使っていることは、友達とのおしゃべりです
実は、メイクやエステではないのです。
女性はおしゃべりで時間をロスしています。

おしゃべりは、なんの生産性もない時間です。
ストレス発散になっているのは確かです。
でもそのおしゃべりの時間でスキマだらけにしないように気をつけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム