「いい目」は「いい女」の条件♪


「いい人」は「いい目」をしてる

「いい男」は「いい目」をしているとよく言われます。
女性にも、同じことが言えるのではないでしょうか。
顔立ちは美人なのに、目に落ち着きがない。

相手の顔色を伺うように見たり、あらゆる方向に目をやったり、視線が定まらない。
これでは、落ち着いて話もできません。

顔立ちは普通なのに、優しい目の女性がいます
「彼女と一緒にいると落ちつくんですよね」こんな感想をもらす男性もいます。
目はその人の心を表わすものだからです

目はあなたの強い武器になる

「話すときは、目を見て話しましょう」とよく言われます。
これには二つの意味があります。

相手に感じのよさを与えるためのもの
下を向きながら話すと、自信がなさそうに見えて、頼りなく感じます。

同時に「なぜ、きちんとみてくれないのか?」と、相手を苛立たせます。
ひょっとして、自分に関心ががないのかと、不安を抱く男性もいるはずです。

ただし、最初から最後まで、じっと見ている必要はないのです。
話し始めの部分では、相手と目を合わせることです。

話すときでも、聞くときでも、最初に目をそらされる。
すると、以後のコミュニケーションがぎくしゃくしてしまいます。

じっと見続けるのではなく、要所要所で見ればよいのです。
要所以外は視線を外し、場の空気の流れを変えていくのがベストです。

内容を確認するとき、話題の変わり目、笑った後に相手の目をみるようにする
女性は、男性よりも、長い時間、相手の目を見る習性があるそうです。

女性にじっと見つめられて「自分に気がある?」と誤解をする男性もいます。
目に限らず、一ヶ所を長い時間見るのは、相手に不自然な感じを与えます。

話の間中、ずっと相手の目を見続けるのは、やはり注意すべきです。
動物の場合を考えても、それは単なる「威嚇」です。

相手の発言が一段落するたびに目を見るのがポイントです。
「わかってくれてる!」という印象を相手に与えます。
自分を認めてくれたあなたへの好感度は一挙にアップし、関係は近づきます
目を見て話す第二の意味は、相手を知るため、人の心をつかむということです。
「目は口ほどにものを言う」といわれます。
相手の目の動きを追うことで、心の動きをつかむことができます

JK92_coffe20150208114046-thumb-815xauto-12449

男性は、隠し事をしたり、嘘をつくと、目をそらします。
観察と直感の鋭い女性は、その嘘を簡単に見抜いてしまいます。

まばたきの回数が多くなるのは、心の動揺を示しています。
または、目の動く方向で、思考中の内容もわかるといいます。

左脳をフル回転させて架空の出来事を構築するため、右上に視線をそらせる。
これもまた、嘘をついてるということだそうです。

人の心をつかむとは嘘を見破るというばかりではありません。
相手が何を自分に求めているのか?目という誰でも持っている武器を活用出来るということです。
いい人」プラス「いい女」になるために、「澄んだ瞳」を培いましょう♪

 


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム