「人に優しく」をモットーに♪


自分に優しく相手にも優しく♪

無遅刻無欠勤で頑張っている人はたくさんいます。
サボり癖のある人の行動を見ると我慢できない気持ちになるのはわかります。
誰でも、仕事に行きたくないなぁ、と思うときはあるはずです。

ですから、自分がやってきたように他人ができないと、「我慢が足りない」。
「意志が弱い」などと腹を立てるのは無理もありません。
自分に比べて、だらしがなかったり弱かったりすると許せないのは、当然のことです

努力家で勤勉なタイプの人というのは、自分の行動にきちんと責任を持っています。
当然、ほめられるべき人間です
YUKA150701038569_TP_V

あまりにも自分はきちんとしていると思いすぎるていると落とし穴があります。
他人が少しでも自分の基準に合わなかったとき
苛立ったり、許せなくて衝突してしまったりします

勤勉で努力家なのは、たいへんすばらしいことです。
ですが、それを他人や身内に無理に押し付けようとする
それは、ほめられることではありません

人には弱い人もいれば、だらしがない人もいるのです。
そういった自分と違ったタイプの人たちを許す気持ちを持たない。
すると、ひどく窮屈な人間になってしまい、他人からも嫌われてしまうでしょう。

また、他人に厳しい人というのは、自分のちょっとした失敗も許せない傾向があります
電車が遅れて大事な朝の会議に遅刻してしまったとき。
「電車が遅れてもいいように、早く家をでるべきだった」と自分を卑下したりします。

一見、きちんとしているように見えますが、少々心配のしすぎといえます。
社会は、自分を中心に回っているわけではありません
突然の予定変更や、失敗はつきものです。
kawamura1029IMGL4485_TP_V
それを、いちいち自分がこうすべきだったと反省していては、身が持ちません。
人間というのはもともと不完全なものなのです。
ですから、失敗や間違いは、恥ずべきことではなく、当然のことです

間違いや失敗することはとても人間的なことです。
間違いはあとでいくらでも修正できるのです。

もし、自分がちょっとしたミスをしたときは、「なんて馬鹿なんだろう」。
と自分を責めないことです。

自分自身に「ドンマイ、ドンマイ」と声をかけてみてはどうでしょうか
厳格な人というのは、自分や他人に対して、甘やかすことを軽蔑する傾向があります。

ですが、人間には、ときには甘えも必要です。
最近、恋人や友人に怒ってばかりいるなあと感じたとき。
まず「自分にやさしく」なってみましょう。

「自分も機嫌が悪いときはあるから、怒りっぽいことは許してあげよう」
と、自分に甘くなると、他人に対しても自然とやさしい気持ちになります
そして、イライラもなくなるのではないでしょうか。

SEP88_nikori15195840_TP_V
自分自身の性格を少し改善することでストレスが減るのです。
そして、人にも優しくなれるのです。
好感度が上がるのは間違いありません♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム