あなたの笑顔は曇り?晴れ?


笑顔は曇っていませんか?

世の中には、笑顔が作るのが苦手という人たちがいます。
素直で明るい笑顔をつくれず、どうしても硬くぎこちない。
曇った笑顔」になる人たちです。

特に多いのが「目が笑っていない」というパターンです。
口元は笑っているのに、目元にはまったく変化がない。
むしろ、緊張や警戒心がありありと残っている

凍りつくような笑顔は、見ていて不自然さを感じます。
こうした人はひとつの顔の中で、「笑い」と「緊張.警戒」。
このようなふたつの異なるメッセージを送っています

これでは周囲の人には、あまりよい印象を与えないのは仕方のないことでしょう。
無理につくった笑顔では、表情の動きが左右対称になります。

さらに、口元の動きがメインで、目元の表情筋はほとんど動きません
このため、ゆがんだ笑顔になったり、いわゆる「目が笑っていない」笑顔になるのです。
心から出た笑いは、左右対称で、顔全体の表情筋を使って笑顔をつくります

私たちの周りにも、「いい笑顔」「太陽の笑顔」で人気者になってる人はいるでしょう。
もし身近にいなければ、昨年活躍したアスリートたちの笑顔を思い浮かべてください。
おそらく彼らも、ずっと「快の笑い」で過ごしてるいるわけではないはずです。

ある程度意識的につくられた「社交上の笑い」を見せてることのほうが多いでしょう。
それでは、なぜ彼らの笑顔は曇らないのでしょうか?
左右非対称のゆがんだ笑顔、「目が笑っていない」凍りついたような笑顔にならないのでしょうか?

ここで大切になるのが、自分に対する自信」です。
自分のことが大好きになり、そして自分という存在をしっかり受け入れている。
いつも高いセルフイメージを持っていれば、笑顔は曇ることはありません

自分に自信を持ちましょう
あなたが客観的に美人であるかどうかは、関係ありません。

自分が「私は魅力的」「わたしはいい女」というセルフイメージを持っていればいいのです。
太陽の笑顔は、それだけでついてきます

TSJ86_date20150208082618-thumb-autox1000-18252

逆に、低いセルフイメージを持って「この人、わたしのことが嫌いなのかしら」。
「わたしをブスだと思ってないかしら」などと考えていたとします。
その気持ちは必ず表情に表れます。

硬く、凍りついたような曇りの空の笑顔しか出てきません。
笑顔を嫌う人なんて、ひとりもいないはずです
それどころか、あなたの笑顔を待っている人が必ずいるはずです

今年も半月が過ぎました。
目標の中に「太陽の笑顔」を手に入れることを加えてみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム