バスタイムで「美」は生まれる♪


美人を作るバスタイム♪

美人は、見えないところで抜け駆けしています。
なんにもしていないような余裕を見せてるいるだけです。

実際は少しでも美肌になるよう、少しでも脚が細くなるように...。
そして、少しでもキレイが長続きするよう常に実践しているのです。

その中でも美人がとっても大切にしているのがバスタイム
お風呂はキレイを作る儀式みたいなものです

疲れた夜や忙しい朝には「めんどくさ?い」と思ってしまうこともありますね。
でも、キレイになりたいならこの時間を逃す手はありません。
まずは、お風呂を、あなたを最高の美人にするスパだと思いましょう

例えば夜のバスタイム。
ピカピカの証明は消して、バスキャンドルや間接照明でムーディにします。
うっとりする香りのバスソルトやバスオイルを湯船に入れて身も心も解放。

お風呂に入るときは、体が温まり易くなるように首筋、鎖骨、腕のつけ根。
おなか、腰、足のつけ根、膝裏、足首を各10?15秒ずつシャワーで温めてからバスタブへ。
関節を中心にシャワーをかけましょう。

半身浴もいいですが、冷えが大敵な女子には肩までしっかりつかる方が効果的です。
首や肩まで温めることでお肌の保湿力も高まり、痩せ易い体も手に入ります。
特別にダイエットしていない限りは15?20分ほどで十分です。

ダイエットのときは30分以上つかると、より痩せ易くなります。
本を読んだり瞑想したりボディーマッサージをしたり好きなことでリラックスしましょう。

お風呂上りはタオルでごしごしではなく、そっと水滴を吸い取るくらいにします。
水気が残るくらいにして、ボディミルクやクリームを塗るのがもちもち肌になる秘訣です。

顔はタオルドライしないようにしましょう
手で水気を化粧水と同じような感覚でなじませます。
乳液やオイルをのせることで乾燥防止と保湿強化になります。

美人は朝にもバスタイム♪

朝のバスタイムはその日のキレイを押し上げる大切なひととき
シャワーを夜と同じように浴びたらバスタブへ。
入ったら、これから始まる一日の期待と願いを込めながら、ゆっくり大きく深呼吸しましょう。

バスタブに10分ほどつかりながら、オイルで顔からバスト、首、肩をマッサージします。
入浴中のオイルマッサージはお肌をぷるぷるにし透明感も倍増します。
後から続くスキンケアーの浸透もUP。

シャンプーはシャンプーブラシを使ってマッサージ効果をプラス。
顔の血色もよくなり、湯上りの上気肌が長続きします。
顔のしわとたるみの予防になり、目は大きく、顔も締まって見えるという嬉しいことづくめ♪

暑い日続きでシャワーだけになりがちですね。
毎日は無理でも、入ったときはゆったり念入りに自分磨きに没頭してみてはいかがでしょうか。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム