表情美人の条件♪

自分の表情から知ろう♪

目鼻立ちや顔の形は知っているものです。

でも、自分の表情を100%分かっている人はいません。

たいていの人は、自分の顔をよりよくイメージしているようです。

なぜなら、写真やビデオに写った自分の顔を見てショックをうける。

そんな人が少なくありません。

自分の顔は自分だけが見えていないのですから。

顔から受ける印象は生まれつきの顔の造作。

それよりも、それをどう使うかの表情にかなり左右されるものです。

魅力のある表情を作るために、鏡の前で研究しましょう。

大きく分けて、顔の表情には次の3つのポイントがあります。

➀目(感情を表す)

➁口(意志を表す)

➂あご(態度を表す)

➀目は感情をそのまま反映させるスクリーンのようなものです。

ですから、いつも輝く目でいるためには、優しい心をいつも相手に向ける。

明るく物事を考えるようにしたいものです。

 

②口は意志を表しています。

嫌なことがあるとへの字になります。

また、一文字に結んだりしてしまいます。

➂あごは心の中の態度を表します。

あごを引くと、何かねだっている。

また、こびているような印象になります。

上げすぎると、尊大な感じになります。

真っ直ぐだと、誠実な印象を与えます。

 

 

キープ.スマイルはキープ.サンクス♪

 

自然な笑顔は、心にうれしいことや、楽しいこと。

感謝の気持ち、穏やかな気持ちから自然に生まれてきます。

しかし、人によっては、感謝の気持ちを表現したくても、苦手な人もいます。

なかなか思ったように笑顔にならないことがあるようです。

そのような場合には、顔の筋肉をほぐす必要があります。

朝起きた時などに、毎日少し少しずつ笑顔を作る練習をしましょう。

鏡に向かってニッコリするだけでも、ずいぶん違うものです。

楽しいことを想像して、目をいきいきとさせ口角をきれいに上げます。

あごを真っ直ぐに引きます。

毎朝続ければ、そのうち自然になってくるはずです。

ここで、ワンポイント.アドバイスをご紹介します。

☆表情をチェックするには

電話の前に鏡を置くと、会話中の自分の表情。

それを手軽にチェックすることができます。

☆写真を撮られる時は

イ音の口の形が最も口角が上がり、彫りが深く見えます。

実際に「チーズ」と言ってみるとよいでしょう。

☆手の表情

表情とは顔のことだけではありません。

体中で心の動きを表現しています。

第一の表情は顔、第二は手や腕、第三が胴と足です。

特に手は、嬉しい時、バンザーイとやったり、恥ずかしい時モジモジさせる。

心の動きをはっきりと表します。

きれいに見せるポイントは二つあります。

ひとつは手の指をスッと伸ばして、流れるようにそろえること。

指先までどれほど神経を使っているかで優雅さは決まるのです。

次のポイントは、物を持つ時に、握って持つのはやめましょう。

指先でつまみ持つようにすることです。

物をつまみ持てるのはあらゆる動物の中で人間だけと言われています。

掌で握ってしまうと、がさつな印象を与えてしまいます。

表情とはしぐさも含まれています。

魅力ある表情、優雅なしぐさを身につけましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!