凍った心の解凍法♪

「傷つきたくない」から、もう逃げない

あなたの心、冷え切っていませんか?

高い城壁にかこまれた要素の中で心を大切に守っていませんか?

あなたは、花をただキレイだなぁと眺めることができますか?

モテない.自信がないと悪循環のループにはまる。

すると心が凍りついて、ちょっとした衝撃でも壊れてしまうようになります。

そんなもろい自分の心を守ろうと、自然と恋から遠ざかります。

遠ざかるだけならいいのですが、そのうち心は永久凍死となります。

手遅れになる前に、解凍していつでも恋ができる状態にしましょう。

心を解凍をする方法は簡単です。

その前に難しいのは「傷つきたくない」。

という思いを自分なりにどう折り合いをつけるかです。

傷つきたくない、つまり失敗を恐れている人は、何事にも消極的。

なんだか自分の人生ぱっとしないなぁと感じているはずです。

感情はコントロールできる♪

「こんな目にあうなら、こんなに傷つけられるなら、もう恋なんてしない」

と思った経験がある人も多いでしょう。

「一方的に傷つけられた.ひどい目にあったと思っている」

「けれど、もしかして、これって自分で選んだこと?」

「傷ついても彼のそばにいたかったのは私。私は自ら選んだのかもしれない」

あなたもどこかで「傷つきたくない」ではなくて、「傷つけられたくない」。

と思っていませんか?

私たちは、愛されなければいけないという刷り込みがあります。

ですから、受け身になりがちです。

失恋も浮気もそれで「傷ついた」と意味づけるのは、あなた自信です。

世の中には「失恋」は「恋が終わったこと」。

「浮気」は「彼は私を傷つけるつもりはなく、男性に従っただけ」。

「私への愛はある」。

ととらえる女性はいます。

どんな意味をあなたの体験に持たせれば、自分が生き生きと前に進めるのか。

それに知恵を絞ると、恋愛失敗恐怖からは抜け出せます。

「失敗への恐怖」はゆっくり自分なりの意味づけを見つけてください。

そして、いつでも恋愛OKな状態に心を保つ。

そのために、今すぐはじめてもらいたいのことがります。

心を解凍する「無邪気レッスン」です。

1日1回、何も理屈をつけず、ただ「キレイ。美しい。素晴らしい」

「悲しい。腹が立つ。楽しい。嫌だ。嬉しい」と感じる時間を持つのです。

たとえば、花をただ「美しいな。キレイだなと眺める。

空を見上げて、「キレイな青空だな」。

夜空を見上げて「星が見える。キレイだな」。

嫌なことを人からされたら、「怒った」「嫌だ」「悲しい」。

と心が動いたことをただ認めることです。

マイナスの感情はすぐ否定したくなります。

マイナスな感情にもきちんと役割があります。

感情がわいたことは否定しない。

その否定癖が心を凍らせます。

感情はわくものです。

わいてくる感情を否定してはいけません。

そのあとの行動で感情をコントロールすればいいのです。

無邪気レッスンは「ただ感じる」練習です。

何も理屈をつけず、自分の感情を受け取れるようになる。

心の氷が溶けて「恋」に心が動かされるようになります。

恋は頭ではなく、本質的に心でするものです。

まずは心を育てましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!