リラックスできる呼吸法♪

ため息はストレスのサイン!?

生きているのだから、呼吸するのは当たり前のことです。

でも、少しだけ自分の呼吸を意識してみてください。

そうすることで、疲れや緊張を遠ざけることができます。

芸歴の長い俳優さんたちでさえ、舞台に上がる前は緊張するといいます。

そんなときに、よく行われるのが、手のひらに「人」です。

「人」という字を指で書き、飲み込むふりをするおまじないです。

これは、「人」を飲むことで、観客を恐れなくなる。

という心理的効果もさることながら、もう一つの身体的効果もあります。  

ちょっと、手の平にある何かを飲むふりをしてみてください。

呼吸のリズムをいったん止め、ごくんとひと息、大きく飲み込みますね。

これによって、緊張のあまり早くなっていた呼吸の調子が整うのです。

緊張したとき、誰でも深呼吸します。

このとき軽いストレッチ体操と組み合わせて行うと、いっそう効果的です。

全身に血液が行き渡り、心と筋肉のよけいな緊張をほぐすことができます。

気分が苛立っているとき、くさくさしているときにも、深呼吸が役に立ちます。

また、息を大きく、たくさん吸ったら、吐くことも意識しましょう。

人は、自分でいちいち意識しなくても、吸って吐く。

という呼吸をしているものです。

極度の緊張にさらされたり、高揚しすぎた気分になる。

すると、息苦しいような気がして、やたらと息を吸おうとします。

そのため、吐くことができなくなります。

かえって正常な呼吸ができなくなって、失神することもあるのです。

ジョギングや水泳、エアロビクス。

それらのスポーツのコーチも、息をリズミカルに吐くように指導しています。

こうすることによって、長い時間、無理なく体を動かすことが可能なのです。

私たちが無意識に行っているのは胸式呼吸です。

腹式呼吸をすると、お腹のほうまで空気が行き渡ります。

なので、血液の流れが促進されます。

まずは、お腹全体に空気を入れるつもりで、ゆっくりと息を吸い込みます。

それから、もっと時間をかけて息を吐くのです。

眠くなったり、退屈なときには、あくびが出ます。

これは、体の血液循環が悪くなって酸素をうまく送れなくなっています。

脳がもっと新鮮な酸素を欲しがっている証拠です。

いちばんいいのは、仮眠を取ったり、思いきり大あくびをすることです。

ため息は、憂鬱な気分の象徴のように考えられています。

心身がストレスをを発散したがっているときに、出てくるものです。

これも、息を吐くことを意識しながら、体じゅうの余計な力を抜く。

それを意識して何度か行ってみてください。

吐く息と共に、憂鬱や苛立った気分が抜けていきます。

「ため息なんかついて、だめねぇ」などとは、思わなくていいのです。

気軽にできるリラクゼーションを試してみてください。

初心者のチャットレディは緊張すると思います。

ぜひ、お仕事前に深呼吸をしてみてください♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!