「分かち合う」会話を心がけよう♪


テンションを3倍にして魅力を開く合言葉♪

アナウンサーはカメラに映って何かを伝えるとき。
「テンション3倍で伝えろ」と教えられるそうです。
たとえば、何か食べて「美味しい」という場合。

テンション1倍  独り言で「あ、美味しい....」
テンション2倍  2人の会話で「これ、美味しいね」
テンション3倍  3人以上の会話で「ねぇねぇ!これ美味しいよね!」

誰かに自分が感じた「美味しい」という感動を伝えたいとき。
3人以上に伝えるようなテンションでないと、感じたままの喜びは伝わりません。

SAYA151005158392_TP_V
テンションを上げるのは疲れます。
しかし、コミュニケーションを取るということは本来、エネルギーのいることです。

子供の頃は誰でもテンションが高いものです。
大人になると、「疲れるから」「恥ずかしいから」など、感動を表現し、伝えることを忘れます。

常に柔らかな感受性で感動をキャッチし、それを「テンション3倍」で周りの人と分かち合う
そんな女性は誰から見ても魅力的なものです
コミュニケーションの省エネは、会話上手のチャットレディとしては避けたいものですね。

のどケアは保湿がカギ♪

声は見た目と同じくらい、その人のイメージを決定します。
外見は完璧な美人でも、声がしゃがれてしまっていては魅力も半減します。

声もスキンケアと同じくらい、のどのケアを怠らないことも必要です。
のどケアでもっとも重要なのは「保湿」。
バッグの中には「マスク.水.ガム」の3つを常備しておきましょう。

マスクは季節に関係なく、乾燥する場所や冷房に効いた場所では常に装着したいもの。
外気やウイルスから守ってくれ、呼吸に含まれる湿気がのどを保湿してくれます。

水分を多く取ることも重要です。
のどで乾燥を感じてしまってからでは遅いので、のどが渇く前に水分をまめに取りましょう。

ガムは唾液の分泌を促すだけではありません。
噛むことで口角筋や舌の筋肉を知らない間に鍛えてくれます。

また、「のどの調子がおかしい」と思ったら、就寝時に首を冷やさないことです。
薄いスカーフを巻いたり、ハチミツを入れた飲み物を飲んで応急処置を。
お酒を飲んで大声を出す行為も一夜で声をつぶしてしまいます。

SAYA160105202992_TP_V
声の印象は、相手に様々な想像を抱かせます。
幼い?若い?年配?明るい?暗い?怖い?優しい?
もちろん、良い印象を与えるに越したことはありません。

少し、低音の声の持ち主ならそれも魅力になります。
暗いイメージを持たれやすいと感じているならば、「テンション3倍」を活用しましょう。
日々のちょっとしたケアで常に聴き取りやすく、快活な美声をキープしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム