程よく「わがままな」いい女♪


男性を心地よくさせるわがまま女性♪

世の中には「愛されるわがまま女性」。
できれば男性が距離を置きたいわがまま女性」の2タイプが存在します。

「愛されるか嫌われるかは、その女性を好きになったかどうかの違いでしょ?」
そういう考え方をする人もいるでしょう。
たしかに、好きなら多少のわがままなら許したくなるものです。

しかし、実際に好きになり始めてる女性に対しての男性の心理は?
好きな感情」と「不快感」とが入り混じった複雑な感情を抱くことがあります。
これは「好きになったらからと言ってもアバタもエクボ」とは限らないということ。

一見、男性が必死に尽くして見えるかもしれません。
しかし内心では、「もし俺が惚れてなかったら、こんなこと絶対しないからな」。
そんな気持ちを胸に隠しながら「寛容なふりをする」男性もいることを忘れないように。

このとき彼は、「完全に惚れさせるまでの我慢!惚れさせたらこんなことはしない」。
と心の中で思っているのこともあります。
「釣った魚にはエサをやらない状態」になり、愛されない女性コースになってしまいます。

女性を完全に落とした途端興味を失い、わがままを避けるために、距離を置き始めるのです。
もちろん、すべての男性がそうなるというわけではありません。

注意点は「惚れた弱みに付け込まれて振り回された感」を味わった男性の場合。
ときとして、豹変するがあるということです。
だからこそ、度のすぎたわがままはオススメできません

MAX_blackpugya-20150207114045_TP_V
その一方「男性を心地よくさせながらわがままを叶えてもらえる女性」がいます。
この場合は「よくぞ俺にわがままを言ってくれた!」
「尽くす機会をくれてありがとう」と、彼に感謝され続けるから驚きです。

彼は奉仕させてもらった喜びに満ち、心から幸せを感じてくれるのです。
もちろんそうされた女性もハッピーに間違いありません。
この2つのタイプの女性の違いはいったいどこにあるのでしょう?

男性に心地よくわがままを受け入れてもらえる女性の場合。
してもらった、してあげた」のキャッチボールを忘れません
尽くさせっぱなしということはありません

しかも男性のほしいことを推測し「察して尽くす」というアクションを欠かしません。
それは特別なことではなく、日常の些細なことばかりです。

朝が弱い彼に対して、仕事に遅刻しないようにモーニングコールを買ってでる
さりげなく彼の体調に気を配る

決して大それたことではありません。
そして、そんな彼女は細かい奉仕をした後に言うのです。

たまに一緒においしいものがたべたいな」「どこか一緒に旅行に行きたいな」。
などと彼が「ちょい無理=程よく無理をする内容」をリクエストするというわけです。

ここでの大切なポイントがひとつあります。
それは女性が単純に高級なものや、自分だけのメリットを要求するのではないという点
必ず一緒に○○したい」という、「恋する女性の健気の願望」が含まれているのです。

hotel_786015111146-thumb-815xauto-14698

あくまでも二人の時間と空間をかみしめたい....。
そんなリクエストが中心になるのです。
ここをはき違えないのが「大切にされる女性」になるための重要な秘訣です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム