「尽くされ上手」のススメ♪


男性は尽くされるより、尽くしたい?

男性に尽くすのが女性の役割...。
もうこのような考え方は古いかもしれません。
はっきり言って、男性に尽くさせる女性の方が、気が楽です。

男性が自分から能動的に尽くせる場合、自分のペースを保てるのです
普通に考えると、尽くす女性とつきあったほうが、男性のペースで進められる。
そう思うのでしょうが、それは反対です。

相手はこちらの都合を考えずに尽くしている場合が多いのです。
それに、男性としては、ちょっと振り回されるぐらいの感覚が心地いいのです
冷静に相手を見つめることができ、自分がスケールの大きい男だという満足感を得られます
ハート8

女性に尽くすということ。
それは、いつもその女性を取り巻くさまざまなことを見ていなければなりません。

義務感ではなく、無意識です。
自分が演出家になれるのです
もちろん、男性は何の見返りも求めずに尽くしているわけではありません。

尽くす喜び、尽くす快感、尽くす後味のよさ、尽くす愛の確かさ...
そういったさまざまな喜びに酔いしれるのです
尽くすことで自分自身の気持ちも相手への想いもコントロールできるのです

2つのハート
さらに、女性のスケジュールさえも、男性の意のままというわけです。
こんな楽なことはありません。

しかし、もし計算のうえでやっているなら、必ず近い将来破綻が訪れるでしょう。
スマートにやることが大切です。

女性にしても、好きな男性から尽くされることに不快感を抱く人はいないでしょう。
むしろ、相手を心から信頼するようになるはずです。
結局男性は、ただ、愛する女性の喜ぶ顔が見たいのです

尽くす行為は、愛する女性を幸せにしたいという想いの表われです
そして結果として男性がリードできるだけです

逆に、尽くす女性は、すべての人とはいいませんが、いつか必ずその代償を求めてきます。
「何かをしてあげたのに」と不満を抱くのは、どちらかというと女性ではないでしょうか。

それに反論すると、「別に見返りを求めているわけじゃないわ」と言い返してきます。
でも、男性の眼には明らかに何かを求めているように映るのです。

男性はとても能動的な生き物です。
尽くしてもらって調子に乗るよりも、自分が尽くしたときの女性のうっとりした顔...
それを見ていたいと思っているのです

MAX_bordetewomotu20141025114710_TP_V
尽くすのが女性だけという時代ではなくなったのかもしれません。
「尽くし.尽くされ」のルールは永遠なのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム