ポジティブ印象の作り方♪


きれいな歩き方は、全てにおいてポジティブ印象♪

フランス人は子供が変な歩き方をしたら親が叱るそうです。
フランスだけでなくアメリカでも、ヨーロッパのほかの国も同じです。
日本では、あまり歩き方にはうるさくないかもしれません。

彼らがスラリと見えるのは、何も背が高いからではなく歩き方がきれいだからです。
実際、イタリア人やフランス人はそれほど背は高くありません。
日本人が、歩き方をうるさく言わないのは、もともと畳の生活が長かったからです。

たしかに、昔の日本人は歩き方ではなく、座り方をうるさくいいました。
欧米では椅子の生活なので、椅子から立って歩き出すという一連の動作が重要なのです

畳の生活に慣れていない若い日本人でも、歩き方を子供の時に叱られた人は少ないはずです。
椅子主体の生活になっても、意識的にまだ畳の生活スタイルが残っているからです。

みっともない歩き方は、足を引きずりながら歩くことです。
いい歩き方は、足を地面からちゃんと持ち上げて歩くことです。
ちょうど健康のために行うウォーキングに近い歩き方です

もちろん、誰だって足を地面に着けたままでは歩けないので少し持ち上げます。
だから、自分は足を引きずって歩いているとは思っていません。
けれども、実際には足をちゃんと持ち上げた歩き方とは違います。

日本古来の草履を履いたときには、どうしても足が引きずり気味になります。
椅子の生活になっても、畳の生活の頃の意識が残っているとはこういう意味です。

いい歩き方は姿勢がよくないと出来ません。
腹筋、背筋が弱いと、上体がまっすぐ伸びません。
上体がシャンとしないと、下半身の動きもきれいに見えません。

きれいな歩き方の人は、魅力的に見えます。
洋服も栄えます。
見栄えがするのです。
もちろん、スタイルもよく見えます。

そういう人は、気持ちまでがシャキッとしていることを想像させます。
人生を楽しんでるようにも見えます。
仕事にも積極的に取り組んでるイメージが付きます。

また、頭の回転がよさそうで、知性も感じられます。
歩き方は第一印象の最たるものです。
人から好感を持たれる第一歩と言っても過言ではありません。

欧米では、あまり腰痛の人が居ないと言われてます。
やはり、背筋を伸ばしてる生活スタイルだからでしょうね。
歩き方に限らず、今のあなたの姿勢はどうでしょうか?

背中を丸めていたなら、せっかくの魅力も台無しです。
待機している姿勢からお客様へのアピールが始まっています。
しなやかに、背筋を伸ばしてポジティブなイメージをかもし出してみてください。

どんなときも背筋を伸ばす姿勢であることが、あなたをきれいに見せてくれるのです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム