その「癖」いい癖?悪い癖?


癖という癖は、ないほうが美しい♪

癖という言葉には、マイナスの意味が多く含まれています。
単なる習慣というだけで、人に不快感を与えるものではない癖もあります。

ここでは、明らかに不快と思われる、マイナスの癖を覚えていきましょう
女性が男性に対して不快感を持つ食事中の嫌いな癖の3か条があります。

①口を開けて、ピチャピチャと音を立てて食べる。
②食べたあと、つまようじで歯のすき間の掃除をする。
③食事中に、目の前で鼻をかむ。

この3か条に該当する癖のある人と交際したとします。
それが原因で相手に嫌気がさし、離れていってしまうかもしれません。
もし、この3か条に当てはまる癖があると感じたなら、すぐに改善しましょう。

おせち

では、この癖は直るでしょうか?
人間の三大欲にかかわる癖は、根深く習慣化されています。
なので直しようがないのが現実です。

つまり、癖を我慢するか、できないか?
できないなら、いずれ良い出会いも終わりになると覚悟したほうがいいでしょう。

三大欲にかかわることではありませんが、このようなことがありませんか?
友達との待ち合わせ場所、時間を何度も確認してくる人。
確認することは大切なことです。

しかし、それも2度くらいが常識ではないでしょうか。
間違いがあってはいけないと心配するあまり、異常に確認する習慣がついているのでしょう。
しかし、それを毎回される友人は、迷惑かもしれません。
kawamurayukaIMGL0435_TP_V

何度も確認するというのは、ルール違反であり、本来とても失礼なことです。
これは男女間でも同じことがいえます。
女性がよく使う「今度いつ会えるの?」という質問。

「そうだね、時間が合えば、次の休みだね」と男性。
ホント?ホントに?次の休みになれば、会えるかもしれないいんだよね?」
「うれしい。ホントにホント?

男性の心の声...うるさいから、次は会うのはやめておこうかな
こんなふうに、男性の心をシラケさせてしまいます。

また、「私のこと好き?」と、つい聞いてしまうのも、確認魔の悲しいサガです。
男性は、それを聞かれるのが、一番苦手だということ
それを、知っているか知らないのかが大切です

仮に知っていたとしても、確認したがりの女性は、聞きたい気持ちを抑えられないのでしょう。
癖という癖はもとから断ち切り、シンプルで美しい女性でいてください

YUKA160113420I9A4104_TP_V
大勢と食事をする機会が多いこの時期こそ食べるときの自分の癖を探してみましょう。
そして、自分が確認魔になっていないかも、確認してください。

自分でわからないこともあるものです。
勇気をもって、家族や親しい友人に聞いてみるのもいいでしょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム