相手の「心に踏み込む」勇気♪


踏み込む勇気も必要♪

大人になるとなかなか友達ができない...。
そう感じる男性はとても多いようです。
初対面の相手とは社交辞令で接することが良しとされます。

そのため、なかなか互いに入り込まないような習慣が身についてしまうようです。
あまりなれなれしくすぎて、うっとうしがられたらどうしよう?
これが男性たちの本音です

心に「これ以上親しくなってはいけない」というブレーキがかかってしまいます。
どうしても「上滑り」な人間関係だけが推積されます。
それが、「大人のつきあい」と称されます。

それをそつなくこなす人が節度のあるつきあいができる大人。
そのように認められたりもするのが実態です。
多くの大人は、最初のひと声をかけるのは大得意です。

当たり障りなく、空気のように言葉を交わすことができます。
このファーストコンタクトのさりげなさは、まさに大人のなせるワザと言えるでしょう。
kawamura1029IMGL4465_TP_V

ところが問題が1つあります。
それは「いつまでたっても空気のような存在であろうとする」ということです。
相手の中に入り込まないように、自分も入り込まれないように適度な距離を置く

ストレスのない人間関係をつくり上げ「知人」と呼ぶのにふさわしい状態に仕上げます。
しかし、これだけではなかなか恋に発展しません。
何でも話せる異性の友人をつくるのにもまた不向きです。

この「恋人」と「異性の友達」をつくるには、もっと違ったスタンスが必要になります。
そこで必要なのが積極さをも持ち合わせることです。
すると人生を生きる上で大切な「恋人」と「親友」の両方を容易に得ることができます。

寂しさなどを感じずに、いつもワクワク、ドキドキしながら過ごすことができます。
そして、辛い仕事でも乗り越えられる心の支えも生まれます。

ちょっと突っ込んでいじったり、不快ではない程度の無礼講の空気をつくる
そうしながら、その場限りかもしれなかった「単なる知人」を友達、仲間
そして恋人候補にまで仕立て上げることができるのです

2女の子ハート
もちろん100%うまくいくとは限りません。
中には、性に合わずに気分を害してしまう人だっているはずです。
でも、それは仕方ありません。

それを嘆く必要はありません。
世の中には「いじられて喜ぶ人」と「ちょっといじられるとイヤな人」。
この2種類がいるわけで、それを最初から判別などできないからです。

ほんのちょっとの勇気を出して、積極な自分を作りましょう
まずは簡単なことからでOKです。

ニックネームをつけて親しげに呼んでみる」。
下の名前で呼んでみる」。

こんなところからジャブを打ってみることです。
「おっ?じゃあもっと他の俺を出しちゃっていいのね」と、男性は殻を破り出します

フラワーハート
当たり障りのない接し方だけではふれあえなかった相手の心に触れられるはずです。
プライベートはもちろんチャットレディのお仕事にも役立ちますね。
初めてのお客様に対して、ほんの少し積極さを取り入れてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム