「キレイの姿勢」と「色気のライン」♪


キレイを進化させる姿勢♪

姿勢が美しい人は、とても美しく見えます
生まれてから年を重ねるごとに体に染みつくクセ。
このクセのおかげで左右の脚の長さや顔のバランスが変わります。

その上、肩の高さが違ったり、背中が丸まってきたりとだんだんとゆがみが出ます
この染み付いたクセを正していくのはなかなかの困難。
ちょっとの気合どころでは実行しずらいものです。

そんなときは、ただ背筋を伸ばすことを心掛けるより、習い事をするのが断然効果的。
姿勢だけに向かった集中力は分単位で切れます。
なにかをしながらだと苦にならずに意外と体に記憶させることが出来ます。

習い事というとスポーツ的な印象が強く「体を動かすのは苦手」と思うかもしれません。
意外なところで、華道、茶道なんていうのは、かなり良い姿勢を作ってくれます。
ただ、三日坊主になってはお金のムダになるので、自分が興味を持てるものを選びましょう。

大きな鏡を見て、自分の体を確認することで、自然と意識が高まり姿勢が進化していきます。
自分の姿を客観的に見ることほど、劇的にキレイを押し上げるものはありません。
そしてその鏡の作用を、より効果的にするのが「薄着」。

体のラインを際立たせる分、キレイになるスピードを加速してくれます
家の中で裸でいることも、体重計ではわからない発見があります。

Sラインの色気♪

ふとした瞬間の横顔がきゅんとさせるように、ボディの横顔もとても大事です。
特に横から見た女性特有のバストやヒップの曲線は息をのむほどの美しさ

でも、これみよがしに強調すると、下品な色気が出てしまいがちです。
美しいボディラインを嫌味なくアピールしましょう

座るときには、浅くこしかけ、ひざを合わせ、揃えた足先を斜めに添えます。
腰を落とさず背筋を伸ばしてバストのラインを出しましょう。
お腹の力をキープしたままヒップの丸みをほんのり突き出せばキレイなSラインの完成

手はももの上にそっと添えます。
もう少し女度を上げたい時にはテーブルの上に両肘をつきます。
やわらかく合わせた手をどちらかの頬に添えれば完璧です

写真を撮る時などは、斜めに立ち、上半身は自然にカメラに向けて正面を向きます。
背筋を伸ばし、お腹まわりの筋肉に緊張感を持たせながら腰をほんの少し入れましょう。
バストとヒップの曲線が表れます

仕上げはカメラ側の前足のつま先をカメラ方向に伸ばして美脚効果を狙いましょう。
手はおへその前でそっと合わせます。
このとき鎖骨を見せるようにし、脇と二の腕も少し離すのが二の腕と首を細く見せるコツ

プロフ画像などを作るときに、是非この方法で写して見て下さい。
姿勢とラインの美しさがあなたのキレイを倍増させてくれます。
薄着」には打ってつけのこの季節♪日々、客観的に自分チェックをしましょう!


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム