「緊張と沈黙」を打破しよう♪


会話空間はリラックスで満たそう♪

会話は言葉を発する前から始まっています。
人は表情やしぐさ、空気感から相手の気持ちを感じ取れるものです。
たとえば『α波』『β波』という脳波があります。

『α波』はリラックスしているときに出ます
『β波』は緊張したり、イライラしているときに出ます

これを会話空間に置き換えてみましょう。
α波が出ている=リラックスして会話を楽しんでいる」。
β波が出ている=緊張していて会話を楽しめない」となります。

たとえ愛想良くしていても『β波』が出ていた場合。
相手はあなたとの会話を「居心地が悪い」と感じてしまいます

会話を楽しく進めることが理想です。
特にチャットのお仕事の前にあらかじめ『波α」が出ている状態にまで気持ちを高めましょう

初対面の人と会うときは誰でも緊張し、その気持ちのまま『β波』が出てしまいます。
「どんな人なのか楽しみ。仲良くなりたいな」と前向きな『α波』を出すよう意識すること。
同じように、苦手な人と話すときも、気持ちを上手にコントロールしましょう。

大切な人を部屋に招くとき、掃除をしたり、花を飾ったりするでしょう。
会話空間も、あなたの『α波』でいくらでも居心地の良いものに変えられるのです
あなたから出る『α波』が最高のおもてなしになるのです
MAR88_kabintotabel_TP_V

空白を埋める「救世主」になりましょう

会話の途中、シ~ンと静まる瞬間があります。
そんなとき、あなたはどうしていますか?

相手が話し始めるを待つ、どこかに目をやり落ち着かない行動をする。
または、居心地の悪さにじっと耐える、自分から話を振る...。
当然、チャットレディとしての選択は「自分から話を振る」です

エネルギッシュに、自ら会話空間のムードを挽回を図ることが大切です
会話が途絶えてしまうと、相手が話し始めるのを待ってしまう人も少なくありません。
そんなふうに自ら話を振ることを放棄していると、声を発する勇気は減少します

そのような「コミュニケーション省エネ」は、いち早くやめましょう。
気になる天気やニュースなどで会話の空白は意外に簡単に埋められます
一度話題を提供すれば、相手が話題を展開し、数珠つなぎのように会話がつながります

fregthdyjrset_TP_V

まず、勇気を出して、あなたが沈黙を破り、話題を提供しましょう。
お仕事上のことではなくても、日常の生活の中でも必要なことです。
たくさんの人たちとの会話の中でも、沈黙を破る「救世主」になりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム