「気分解消」は自分次第♪


気分が浮かないときの対処法♪

ふだんは人一倍元気なのに、ちょっとした失敗をしてしまった。
思いのままにならないことがあると、ひどく落ち込んでしまう人がいます。
そんなとき毎日が憂うつで、まわりの人の言動まで気にさわります。

本人もこんな状態からは何とかは何とか脱却しようと思います。
ですがよい方法が見つかりません。
ここまでで「あっ、自分のことだ」と思った人が多いのではないでしょうか。
TAKEBE_micyatta_TP_V

私たちを取り巻く出来事。
それは何でも調子よくすいすいと進行するときもあります。
その反対にトラブル続きでうまくいかないことがあります。

それと同じように、私たちの気持ちにも波があるのです
気持ちの波はあって当たり前のことで、波を立てないようにすることは困難です。

それよりむしろ、この「気持ちの波」を理解することが大切です
誰でも落ち込むことがあります。

失恋したり、仕事で大きなミスをしたら、落ち込むのは当たり前です。
こんなときにまったく平気な人のほうが、珍しいでしょう。

しかし、気持ちの波を感じ取り、対処の仕方を間違えないことです
それができたなら、今より容易に落ち込みから解放されるはずです
まず、あれこれ考えることをやめましょう。
TSUokujyoudeau_TP_V
とは言っても、仕事の失敗だったら、原因を探して二度と同じことをしない。
そこを気をつけなくてはなりません。

恋人なり友人なりの人間関係のいざこざだったとします。
何とか仲良くなれないか話し合ってみなくてはなりません。

あれこれと手を広げて考えるのは、ちょっとお休みしたほうが良さそうです。
なぜなら、人は落ち込むといろいろ真剣に考え始めるものだからです

物事をまじめに考えることは、もちろんよいことです。
ですが、こういうときには逆効果になってしまいかねません。
調子がよくないときは、ふだんより突き詰めて考えています。

対人関係で悩んでいるときは、自分に対しても他者に対しても批判的になります。
とにかくマイナス方向に傾きがちで、相手のよいところが見えなくなります。

落ち込んだときに感じたことを鵜呑みにして物事を進めていく
それは間違った判断が多くなり、後々のトラブルのもとになりかねません
CHIHIROIMGL1401_TP_V

落ち込んだままで自分の考えを真に受けていたのでは、なかなか抜け出せません。
周りのことを悪く思う前に、自分の考え方に問題はないか点検するのも手です
態度を改めなければならないのは、相手ではなく自分のほうだと気づくはずです

あとは、じっとして嵐をやり過ごし、気持ちが変わるのを待つのです。
自分自身に対しても、または、落ち込んでいる恋人や友人..。
「今は黙って見守ってあげよう」と、そっとしておくことも必要なのです

人の「気持ちの波」を見極めることは、人間関係にとって大切なことなのです
自分が落ち込んでいることに気づいた。
そうならば、身近な人たちに、そのことを話しておくのも一案です

「今の私は【取り扱い注意】です」などと、茶目っ気たっぷりに言うのです
このように予防線を張っておけば、大切な人たちとの、わだかまり。
そしてトラブルを防ぐことができます。

N811_hibanawochirasu-thumb-1000xauto-14728
マイナスな気分のときは表情にも表れます
気分が上がらない原因がはっきりしているのなら、自分から進んで対処しましょう
そうすることで、お客様にいつもにこやかに接することができるチャットレディでいられますね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム