「女性の弱さ」という魅力♪


自分の弱さもアピールしておく♪

もしも、あなたが幸せなお付き合いを求めているのなら...。
私は一人でも立派に生きられます」。
こういうオーラを前向きに出さないことをおすすめします

なぜなら、あなたが女性としてだけでなく、一人の人間として立派すぎる。
すると、男性はどうしても、あなたと対等な立場で冷静の意見をしたくなるからです。
OOK9V9A6914_TP_V

あなたが本当に彼との良い付き合いを夢見ているとしましょう。
私はあなたがいてくれないと生きてられない、という気持ちで彼に接するといいでしょう
彼は、あなたの感情のメンテナンスをしてあげよう、という気になっていきます

「将来を考えたくないけど、だからと言って今から、あなたに助けてもらいたい」。
「そんなこと言いたくない」。

確かに社会で活躍する女性であれば、付き合っている段階では、対等な関係でいたい。
そういう意識はあるでしょう。
ですが、もしあなたに何かあったときに、彼を頼らないと言い切れますか?

何かあったときに急に彼に頼ったとします。
彼だってあなたがそれまで、何もかも一人で処理してきた女性だとしたら...。
そんな問題も、「一人で解決できるだろう」と思ってしまうでしょう。

だからこそ、付き合っている段階から、こう接しましょう。
あなたは私のパートナーであり、アドバイザーであり、カウンセラーなの」。

このように意思表示して彼に頼るといいのです。
頼るとなったら、彼を信頼し、尊敬する姿勢を示すことからはじめるといいと思います

yk0i9a6188_tp_v
ただ、彼と一度別れて、復縁したした人もいると思います。
例えば、昔、浮気をされて、その悲しみが残っている人もいるでしょう。

その場合、復縁して、彼を選んだとしても、心から信頼はできない...。
という複雑な心理状態の中で、辛くなることもあるかもしれません。

でも、幸せになるためには、彼の嫌なところを忘れる。
そして、恩だけを胸に生きることにトライしてみてください

あれもこれもと嫌なカードを取っておいて、いざというときの切り札にしたい。
そのような気持ちもわかります。

しかし、それはいよいよ決別する、という日まで心の奥底に鍵をして、しまっておきましょう。
恨みの感情から何もうまれません。
161103194910vdzbfxgchvj_TP_V

幸せの芽は、感謝や愛情というポジティブな環境で育つものなのです。
自立することと頼らないとうことは似ているようで違います。
強さと弱さをバランスよく持ち合わせた女性であることが幸せに繋がるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム