「自信を持つ」ことの必然性♪


自信のある人って...どんな人?

本当に自信がある人、自分の感情をしっかりコントロールできる人です
そういう人は、かしこい恋愛ができるし、今の自分に十分満足しています
そして、他人の評価を気にしたりしません。

自信のある人は落ち着いています。
この穏やかさは、仕事の成果や職業などによって決まるものではありません。
生まれつきの才能、特技、興味、知性、物の見方、知恵の組み合わせでできています

言い換えれば、あなたが持つ強さと価値の集大成です
では、そもそも「自信がある」とはどういうことでしょう。
次のリストをチェックしてみましょう。
YUKA150701498601-thumb-1000xauto-19540

容姿の良し悪しなど、ほかの人と自分を比べてみることがある
「彼女はスタイル抜群。でも私にはかわいい目とユーモアがあるからいい」と考える。
自分を見つめるとき、最終的には必ずありのままの自分に満足している。

ただ後ろに立って話を聞いているだけ
でも、自分が注目を浴びているときと同じくらい気分がいい。
注目されないからといって、決してひがんだりしない。

うれしいこと、つらいこと、どのようなことがあっても落ち着いている
周囲の出来事が自分の考え方を左右するわけではないとわかっているから。

自分を磨くために、努力をしている
例えばエクササイズ、マッサージ、規則正しい食事などということです。

自分の知性を磨くために、努力している
一生懸命仕事に取り組み、いつも何か新しいことを学ぼうとしている。
読書、読書、また読書...というように。

人は「ルックスよりも、その人の持つエネルギーにひきつけられる」
だから、人々の注目を集めるために、人間性を豊かにする努力をしている。

会話では、常に「言葉のキャッチ.ボール」を心がけている
二人での会話なら五十%、三人なら三十三%といった感じ。

人に会うときは笑顔でやさしく
人が近寄ってきやすくなるし、注目の的にもなる。

話している相手が自分をどう思っているか。
そこに、こだわらずに、相手のことをどう理解すればいいのかということに気を配る。

自分に合うおしゃれを楽しむ
ハッとするような格好か、ありふれた格好か?
自信のある人は必ず、その人の魅力を引き立たせるような服を選んでいる。

人と会話するときは目をそらしてばかりいない
上目に目を見て話す。

自分に自信をつけるためには、エクササイズも有効です。
普段から「感覚的になる」ことです。

冬、暖房をつけたとき。
「ああ、だんだん手足が温かくなってきた。自分の身体がホカホカして気持ちいい」。
という実感するクセをつけましょう。
MOK_dannronohi_TP_V

自分の好きなお風呂の入浴剤の香りを選ぶ。
お酒を飲むときでも、銘柄の違いにまで気をつけて自分の好きなものを吟味する。

朝、窓を開けて新鮮な空気を吸い、気持ちがいいなと実感する...。
そういう「感覚を聞く」習慣です。

感覚を磨いていくと、「そういう感じ方をしている自分ってなかなか素敵だわ」。
と、自信がわいてくることが実感できるのです

自信に満ち溢れた人を見て憧れているだけでは自分も周りも変わりません。
これを機に、自信を味方につけて、もっと輝きのあるチャットレディになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム