あなたでもできる!キュンとさせる方法!


キュンとさせたい!

男の人と女の人が何に欲情するのか?

●男は記号に欲情する
●女は信号に欲情する

男性にも女性にも「キュンとする」感覚があります。異性に対して「いいな」「魅力的だな」「好きだな」と感じる「恋の始まり」もしくは「ライトな性欲」と言ってもいいもしれません。

異性のどこに魅力を感じるかはまったく違うため、しばしば男女は空回りな努力をすることになります。
男性がモテようとしてジムで体を鍛えるのも、女性が好かれために「自分磨き」に走るのも、残念ながら大間違い。

異性にアプローチするなら、自己満足ではなく、相手が評価してくれるポイントで勝負すべきです。

わかりやすい女的なものに欲情する男、自分に向けられる好意にキュンとする女
多くの若い男性は、性欲に支配されています。

そのため、「女っぽくてエロいもの」を備えている女性にキュンとします。

たとえば、プルプルの唇や、柔らかそうな胸、大きなおしり、ミニスカート、ニーハイプーツ……など。
女性のシンボル的なものに惹かれるのです。

もちろん、「こんなスなスタイルの女性がいい」などの好みはそれぞれにありますが、「誰の唇なのか」「誰がミニスカートを穿いているのか」という部分はあまり大切ではありません。

女性らしい体のパーツやファッションアイテムそのものに欲情しているからです。
こういう面で男性はとても単純です。
それに対して女性は、もう少し複雑です。

ムキムキの筋肉やひげなど、「男らしい」とされるものにはそれほど魅力を感じません。

好みとして「筋肉フェチ」「ひげフェチ」の女性もいますが、それはどこか冷静な「好み」で、キュンとくる「好き」とは区別されます。

女性が純粋に男らしい見た目だけで好意を抱くケースは、ほとんどないといってもいいでしょう。
いっぽうで女性は自分に向けられたベクトルに敏感です。

「これは私に向けられた優しさだ」「私に関心を持ってくれているのだな」と感じることでキュンとします。
そのため、誰から発信されたものなのかが非常に重要になりますし、それまであまり意識していなかった相手からのベクトルでも、「自分だけに向けられたものだ」と感激すればそのまま好意に変わったりもします。

熱心にアプローチしてみよう!

女性が「押しに弱い」とされるのはこのため。
熱心アプローチされることで、いつの間にか心が動かされるのです。

女はもっと見た目に気を使うべき、このような特性がわかれば、あとは相手の土俵で戦うのみです。

ベクトルに敏感な女性に対しては、「あなたがずっと好きでした」と伝えること。
女性をよく観察して、どんな部分に魅力を感じたのかを事細かに説明してもいいでしょう。

「あのときこう言ったのが忘れられない」など、相手との共通のエピソードを持ち出すのも効果的です。

逆に無意味なのは、男性が自分の見た目を磨くことです。
見た目が魅力を底上げしてくれる可能性は大いにありますが、それが決め手になることはありません。

筋トレをしたり、お酒落に気を使ったりするよりは、好意の伝え方を工夫したはうがいいでしょう。

ただし、女性だけが使う表現として 「生理的に受け付けない」 というものがあるので、これには要注意。
「絶対にムリ」という相手に対して使われる言葉ですが、この感覚はセンサーが鋭い女性ならではのもの。
不潔だったり極端にダサかったりして、ひとたび 「気持ち悪い」 と思われてしまったら最後。

どんなに押しても引いても、「生理的に受け付けない」とシャットアウトされてしまうのです。
「キモい」 というマイナスからのスタートだと、プラスへの挽回はあり得ません。

そのため、最低限清潔であり、「可能性は低くても″ ナシ″ じゃない」という立ち位置にいる必要はあります。

それに対して女性は、モテたいのであれば見た目に気を使うべきです。
これは、お酒落をするという意味ではなく、男性に響く見た目になるということです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム